体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4人目の経産婦なのに、予定日を過ぎても出産の前兆がない!

f:id:akasuguope01:20180225120319j:plain

第4子の長女は、なかなか生まれませんでした。 関連記事:3人産んでも毎回が「初めて」!それぞれ経過が違った私の出産体験

38週目に触診した際は、「すでに子宮口が2㎝も開いてきている」、「産道も柔らかくなっているから、陣痛がいつ来てもおかしくないよ」と言われた私。

毎日ちょっとした痛みを感じただけでも「陣痛が来たかもしれない」と思い、陣痛計測アプリで計測したり、夜中に隣で寝ている主人を叩き起こし、入院の準備をしたりしていました。

しかし、しばらくすると痛みは和らいでいってしまうのです。痛みがなくなると、あの痛みは陣痛ではなく前駆陣痛だったのだとわかる日々。これが、毎晩のように続きました。

40週目の健診時、助産師さんは「もう陣痛がきていると思っていたのに、何で陣痛がこないのだろうね」と首を傾げていました。胎児の状態には問題はなく、大きさも正常範囲内ですし胎動もしっかりとあるので、「きっとお母さんのお腹の中が居心地良いんだろうね」と慰めてくれました。

その日は少し強めに触診をしてもらい、子宮口も指2本程度まで広げてもらいました。そして、これ以上陣痛が来ないと促進剤を投与する必要があると言われました。

健診日の夜、今までにないほどの痛みがありました。「ついに来たか!」と思い、主人を起こして入院準備を済ませました。

しかし、なぜかしばらくすると痛みは遠ざかってしまうのです。どんどん痛みが和らいでいくので、思わず私は泣き出してしまいました。一体、いつになったら陣痛が来て出産できるのだろうか?もしかしたら、このままずっと妊婦のままではないのだろうか? などと考えていました。

そして、40週3日。今までとは比べ物にならないほどの痛みが来ました。はじめは、15分から10分おきの痛みが朝の5時から8時頃まで続きました。8時から10時くらいまでは7分おきでしたが、一度、10分おきに遠のきました。

12時頃からは7分から6分おきへと短くなっていったのです。そして、我慢ができないほどの痛みになってきました。病院へ向かう車中でも、座っていることすらままならない状態で、座席と背もたれの隙間にうずくまったり、仰け反ったりと痛みをこらえることができません。

さらに、痛みがある時は歩くこともできずに、地面に崩れ落ちていました。その時の私は、誰から見ても出産が近いということがわかる状態だったと思います。明らかに前駆陣痛とは違う痛みでした。

出産前は経産婦だから早く生まれると思っていましたが、第4子は結果的には予定日を3日過ぎて無事生まれました。 関連記事:出産予定日はあくまで予定!長男は10日遅れで三男は1週間早まった!

f:id:akasuguope01:20180224110444j:plain

著者:tatto1

年齢:28歳

子どもの年齢:11歳、9歳、1歳7ヶ月、3ヶ月

現在専業主婦をしながら、4人の子供を育てています。慌ただしい毎日ですが最近では、長男が長女のオムツ交換を手伝ってくれたり、他の弟達の面倒をみてくれているので助かっています。趣味はイラストを描くことと創作料理です。最近では、キャラ弁にハマっており、4月から長男が中学生になるので毎日のお弁当作りが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

安産祈願の効果?!超スピード陣痛→出産で自宅出産になりそうに…
超ファンシーな入院着に総ツッコミ。こなれ感満載の家族とのカオスな3人目出産劇 by ニタヨメ
陣痛が強まってきて、いざ己の精神世界へ…。怪しさ満点の修行僧妊婦あらわる by さやかわさやこ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。