体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『セブンイレブン・今週の新商品』みたらし団子やよもぎ団子の和スイーツからロールケーキの洋スイーツまで登場

『セブンイレブン・今週の新商品』から注目フードをピックアップ。2018年5月1日(火)から順次発売される商品は、和スイーツから洋スイーツまで様々登場。

全国展開はこの2つ!

 

こだわりカスタードのエクレア 130円(税込140円)

■販売地域

全国
■商品概要

エグロワイヤル®の卵を使った、濃厚でコクのあるカスタードのエクレア。カカオの香り豊かなチョコレートでコーティング。

 

コクと旨みソースのコロッケパン 119円(税込128円)

■販売地域

全国
■商品概要

コロッケを丸ごとサンドした惣菜パン。コクとうま味のあるソースに香辛料、マヨネーズを加えて、深い味わいに仕上げ。しっとりした食感のパン生地にじゃがいものホクホク感が味わえるよう、片面にソースを掛けた。

様々なスイーツの新味も気になる

 

つるるん杏仁豆腐 140円(税込151円)

■販売地域

東北、新潟、北陸、関東、東海、近畿、中国、四国、九州

■商品概要

つるるんとした食感の杏仁豆腐。杏仁の風味と香りが引き立ち、さっぱりとした味わいに仕上げた。

 

たっぷりタレのみたらし団子 125円(税込135円)

■販売地域

東北、関東、甲信越、静岡、中国(鳥取一部除く)、四国、九州

■商品概要

もっちりとした食感の団子に、たっぷりのタレをかけたみたらし団子。タレは、甘味とまろやかな醤油の風味が味わえる。

北海道産クリームのふんわりロールケーキ 158円(税込170円)

■販売地域

北海道、東北、新潟、北陸、関東、東海、近畿、中国、四国、九州
■商品概要

ふんわりした食感のロールケーキ。北海道産のクリームを使ったホイップクリームは乳のコクが感じられる。エグロワイヤル®を使ったカスタードクリームは、たまごの風味が豊か。

ぱくっと!包みみたらし 93円(税込100円)

■販売地域

北陸、近畿、中京
■商品概要

もち生地でタレを包んだ、ひと口タイプのみたらし団子。団子生地は弾力がありながらも歯切れのよい食感でタレは甘めの醤油ダレに仕上げた。隠し味に黒蜜を使う。

北海道産牛乳使用みかんの牛乳寒天 168円(税込181円)

■販売地域

北海道、東北、甲信越、北陸、東海、関東、鳥取一部、四国、近畿、
■商品概要

さっぱりと食べられる牛乳寒天。北海道産牛乳とみかんを組み合わせて、コクがありながらさっぱりとした味わいに仕上げた。

【中国】白バラ牛乳使用みかんの牛乳寒天 168円(税込181円)

■販売地域

中国(鳥取一部除く)
■商品概要

さっくりとした食感の牛乳寒天。「白バラ牛乳」とみかんを組み合わせて、濃厚でさっくりした食感に仕上げた。

北海道十勝産小豆使用塩豆大福 120円(税込129円)

■販売地域

東北、甲信越、北陸、関東、東海、近畿、中国、四国、九州
■商品概要

北海道十勝産の小豆を使用した塩豆大福。風味がよく、コシのあるもち生地で、二度蒸しした北海道産の赤えんどう豆を包んだ。

 

北海道産小豆使用よもぎ団子 140円(税込151円)

■販売地域

甲信越、北陸、東北、東海、関東、近畿、中国、四国、九州
■商品概要

北海道産小豆を使用したよもぎ団子。よもぎが香る団子生地に、甘めの粒あんをかけた。

 

とろける濃厚ティラミス 250円(税込270円)

■販売地域

甲信越、北陸、東北、中国、四国、関東、東海、近畿、九州
■商品概要

イタリア産のマスカルポーネを使った、濃厚な味わいのティラミス。

今週の総評

みたらし団子や、よもぎ団子などの和スイーツが登場。ミルク寒天も気になる。そしてティラミスなど洋スイーツも現れて、今週はどのスイーツから食べようか迷ってしまう。

関連記事リンク(外部サイト)

『セブンイレブン・今週の新商品』春の味覚が楽しめる幕の内弁当が登場
『セブンイレブン・今週の新商品』アンガス牛肉使用のカレーが全国展開!
『セブンイレブン・今週の新商品』ご当地フードにとんこつ焼ラーメンや手羽先大根煮が登場
『セブンイレブン・今週の新商品』全国的にスイーツ新味が充実!京風和スイーツからイタリア栗のモンブランまで
『ローソン・今週の新商品』からあげクンの旨辛キムチ味登場!チキンラーメンとのコラボも

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。