体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピールでビールが爽やかにできた理由。『海の向こうのビアレシピ オレンジピールの爽やかビール/芳香カシスのまろやかビール』

世間的には規制緩和の波があらゆる方面に波及している。ビールもまた例外ではない。これまではフルーティーなビール系飲料という存在に分類されるものだったフルーツ感満載の『海の向こうのビアレシピ オレンジピールの爽やかビール/芳香カシスのまろやかビール』。しかし今回は正真正銘の新しいビールとして登場とはどういうことなのか。

酒税法改正により、ビールの味の範囲は大きく広がっていく!

今年4月からの酒税法改正(※)を機に、“新しいビールのおいしさを提案する”というコンセプトのもと新登場したのがサントリービール『海の向こうのビアレシピ オレンジピールの爽やかビール/芳香カシスのまろやかビール』(350ml・実勢価格税抜約240円・2018年4月10日発売)だ。
※2018年4月1日施行酒税法第3条、酒税法施行令第6条、酒税法施行規則第4条

改正内容は、主に以下の2つ。
1:ビールと呼べる麦芽比率が67%以上→50%以上に緩和
2:米・麦・とうもろこし以外に、ハーブ・スパイス・果汁などの副原料も使用可能に

つまりビールの定義の拡大。だから今まで発泡酒と表記しなければならなかったものを”ビール”と表記して販売できるようになったわけだ。当然ビールの名の下に多彩な味わいが生み出せるようになったので、各メーカーは志新たに商品開発にいそしんでいるはずだ。

 

そんな中、皮切りとして登場したのが『海の向こうのビアレシピ オレンジピールの爽やかビール/芳香カシスのまろやかビール』。さっそくテイスティングしてみたい。

 

シトラスフレーバーとスパイスでさっぱり仕上げ!
『海の向こうのビアレシピ オレンジピールの爽やかビール』

オレンジピール(果皮)とコリアンダーシード(いわゆるパクチー)に加え、柑橘系の香りが特徴のホップを使用することで、フレッシュで爽やかな香りを実現。さらに、一部小麦麦芽を使用して上面発酵酵母で醸造し、やわらかい味わいに仕上げられているそうだ。

※オレンジピール使用 無果汁

確かにプルタブを落とすと柑橘系の香りがふんわりと漂う。コリアンダーの軽いクセがオレンジピールと相まって、広がっていく。グビリと飲むとスッキリとした味わい。シトラスフレーバーとともに小麦の甘味が効いており、苦味は少なめ。このさっぱり感はなかなか既存のビールでは味わえない感覚かも。真夏に太陽の日差しを浴びながら飲みたい、実に飲みやすい1本。

 

 

ルビーレッドに染まったワインカラーの大人味
『海の向こうのビアレシピ 芳酵カシスのまろやかビール』

 

続いて、ベルギーで親しまれているフルーツビールをヒントに開発された『芳香カシスのまろやかビール』を飲む。独特の酸味を持ち「カシスオレンジ」などの女子向けカクテルでもお馴染みのカシス(クロスグリ/ブラックカラント)を使用し、麦芽の配合をバランスよく作られたとか。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。