体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Airbnbに対抗!? Marriott ホテル、ロンドンで民家200戸の宿泊提供

大手ホテルチェーンMarriottは、民家に泊まれる新サービスを英国ロンドンで開始した。

民家ながらMarriottのスタッフが宿泊客を出迎えし、電話などで24時間サポート。アメニティなどはMarriottのものを揃え、民家にいながらホテルライクの滞在を約束する。

・部屋のタイプを好みで

ホームレンタルのHostmakerと提携し、ロンドンエリアの200戸を専用サイトTribute Portfolioで案内し、予約を受け付けている。

民家なので当然のことながらさまざまなタイプがあるのがこのサービスのメリット。眺めがいいペントハウスや、子供が遊べるパティオ付きのもの、ルーフテラス付きのタウンハウスなど、ニーズや好みで選べる。

検索の際は、マップでエリアを絞ったり、宿泊日や宿泊者人数、寝室の数などでフィルターをかけたりすることも。価格は1泊100ドル台のものもあれば800ドルを超えるものもある。

・宿泊ポイントも付与

民家を使用するものの、Airbnbと違ってあくまでもMarriottがサービスを提供するというスタンスだ。鍵の受け渡しなども直接スタッフが行い、清掃などもプロが管理する。

加えて、Marriottは会員向けのポイントプログラムを展開しているが、この民泊でもポイントを付与し、貯めたポイントで宿泊できる機能も近々加える予定とのこと。

ロンドンに旅する予定がある人で、暮らすように快適に滞在したいという人はサイトをのぞいてみてはいかが。

Tribute Portfolio

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。