体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ダメな人」にも行ってほしい。つくばで一番長居したカフェ

「ダメな人」にも行ってほしい。つくばで一番長居したカフェ

「なんか好き」っていう理由だけで選んでも、いいですよね。

「なんか好き」なんです。このお店。

なんか居心地がいいんです。その理由は最初はわからなかったのだけど、だんだんわかってきました。このお店は、じわじわくる系です。

遊び道具が
たくさんあります

「ダメな人」にも行ってほしい。つくばで一番長居したカフェ

入り口を入ってすぐ、なぜかけん玉がお出迎えしてくれるカフェ、「千年一日(せんねんいちじつ)珈琲焙煎所」は、茨城県つくば市にあります。

「前にお店でライブを依頼していたミュージシャンがけん玉やる人で、冗談半分に“とめけん”を一発でできたらギャランティーいらないよって言われたんですよね」

とめけん、ってのは、けん玉の玉をけんの先にブスッと刺すやつね。

「もちろんできなかったんですけど、次に彼が来た時にできるようになってて、今度こそタダになったらいいなと思って練習用に置きだしたのがきっかけです」

そう説明してくれた店長の大坪さんは、ちょっと困った顔でこうも付け加えました。「ダメな人」にも行ってほしい。つくばで一番長居したカフェ

「でも、5年くらい前からけん玉がテレビで紹介されてたよってのを聞くようになって。なんか流行りに乗ったみたいになっちゃったけど、うち、テレビないから知らなくて……」

さらには日本けん玉協会の関係者が遊びに来て、お店で級をあげられるようにできますよと言われ、検定イベントをやることに。その後も、たまにけん玉達人みたいな人がお店に来ることもあるそうですが、大坪さんも最近はあまり練習できてなくてお相手不足だろうと思い……そっとしておくとのことです(笑)。

「きっかけはさっきの話だけど、個人的にけん玉ってかたちがよくできてるなって思ってます。いいデザインだなって。それが並んでるのは、面白いかなって思って置いてたりもして」

お店に置いてあるのは「山形工房」さんのもの。購入もできるし試しに遊ぶこともできます。

やるよね。

「ダメな人」にも行ってほしい。つくばで一番長居したカフェ

ドラえもんみたいな手で失礼します。何年ぶりかでけん玉やってみたんですが、全然できませんでした。おそろしいくらいに。悔しい! できるまでやるもん! ……なんて私みたいに意地になる負けず嫌いはこのパターンでお店に長居してしまうわけですな(長居しすぎました。大坪さん、すみません)。

ま、遊び道具は他にもいろいろあるわけです。CD、レコード、雑貨、古本なんかも。本のラインナップは大坪さんの趣味なのかな。

「最初は棚がもっと大きかったんですよ。本当は置く本もこだわりたかったんだけど……。面白がって、こだわって集めてたりもしたんだけど……。僕、売れないんですよ、本」

どゆこと?「ダメな人」にも行ってほしい。つくばで一番長居したカフェ「ダメな人」にも行ってほしい。つくばで一番長居したカフェ古本買えます。一冊100円からいろいろ。

「好きなもの集めると、しまいこんじゃう。おんなじのが2冊あったら1冊は譲れるけど……。だから向いてないなって」

私も小物が死ぬほど好きで、将来は雑貨屋さんをやりたいって思ってたけど、同じように思ったことがあります(笑)。

他の雑貨もいろいろ面白いです。「ダメな人」にも行ってほしい。つくばで一番長居したカフェ

カウンター脇の席の椅子は少し変わったデザイン。

「これはチャーチ・チェアと言って、教会にあるやつ。背もたれに聖書を置くところがついてて。下の、開いて台になる部分は、おそらく後ろの方が膝をつく場所かな?」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。