体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

続々オープン!夜景が楽しめるビアガーデン3選

東京でも夏日を記録するようになったが、それに負けじと(?!)、ビアガーデンが続々オープンしている。そこで今日は、特に夜景が楽しめるビアガーデンを3つ紹介しよう。恋人や同僚と、初夏の都会の夜を、夜風にあたりながら心ゆくまで楽しんではいかがだろうか。


1.お台場「KING OF THE PIRATES(キングオブザパイレーツ)」
「キングオブザパイレーツ」は、お台場にある海賊船をモチーフにしたコンセプトレストラン。東京湾の夜景を満喫できるこのレストランのテラス席で、5月1日(火)からBBQやビアガーデンが楽しめるプランがスタートする。仲間と一緒に自分たちで焼いたお肉やシーフードを食べたいなら「BBQ+ビアガーデンコース」4500円(税別)※7月からは+480円、フライドチキンやソーセージなどのコース料理を楽しみたいなら「ビアガーデンコース」3500円(税別)※7月からは+480円がおすすめ。どちらももちろんビールやお酒飲み放題付き。


2.赤坂・六本木「ARK HILLS SOUTH TOWER ROOFTOP LOUNGE ~六本木BBQビアガーデン~」
4月23日(月)から期間限定でオープンしているのが、アークヒルズサウスタワーの屋上庭園内にあるビアガーデン。ここでは、六本木や赤坂の夜景を楽しみながらの本格BBQが味わえる。料理はボリューミーで食べ応えのある「Tボーンステーキ」をはじめ、岩中地豚の肩ロースなど厳選したお肉の他、海の幸、山の幸が味わえる食材も!また、ビルの地下にあるお店でお肉を買って持ち込めるプランも用意されている。おもちろんアラカルトとドリンクだけの利用もOK!食材・雰囲気・夜景…と全てが揃ったワンランク上のビアガーデンだ。


3.横浜「海の見えるそごう屋上ビアガーデン」
最後は、横浜駅から近い、そごう横浜店屋上のビアガーデンをピックアップ。このビアガーデンのテーマは、“野菜を楽しむビューティービアガーデン”。海の風を感じながら、女性に優しいメニューの数々を楽しむことができる。特に注目したいのは、「べジステーション」。これまでのサラダバーを刷新し、旬のいろどり野菜やトッピング具材などを昨年の18品目から30品目に増やし、野菜の新しい食べ方を提案してくれる。ダイエットを気にしている人にも訪れて欲しいビアガーデンだ。料金は、飲み放題・食べ放題(最大6時間)で、大人4500円(税込)。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。