体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高尾山が好きなら次は「筑波山」

高尾山が好きなら次は「筑波山」

茨城県 > つくば市

日帰り登山ができる山って、ちょっとだけ遠出をしたい週末にはもってこいのお出かけスポットだと思います。特に初心者にとってはハードルも高くないし、気軽に友達を誘うことができます。それに、登山ついでに現地の観光も楽しむ時間の余裕もあるから、1日でいろんなことを楽しむことができます。東京だと、新宿から電車で約50分でアクセスできる高尾山が人気ですよね(登山後の「温泉」が醍醐味だったりもします)。

都心からもう少しだけ足を伸ばすと、「筑波山」も日帰り登山にはぴったりのスポットです。ここは、秋葉原からつくばエクスプレスで最短約45分の茨城県つくば市にあります。年間を通して登山やハイキングをすることができ、ケーブルカーやロープウェイに乗って山の景色を楽しむこともできます。

関東平野を見下ろす筑波山の、意外と知られていない魅力を6つに絞って紹介します。

01.
山肌の色を変化させる
「紫峰」

高尾山が好きなら次は「筑波山」

朝は、昼は、夕方はと、筑波山は時間帯によって山肌の色を変化させることから「紫峰(しほう)」と呼ばれています。満開の桜や新緑の田園とともに映る筑波山は、季節ごとに色とりどりの美しさがありますよ。

この山の麓では醤油づくりが行われていて、江戸時代には江戸に出荷されていました。今でも、江戸前寿司の職人さんたちが醤油のことを「むらさき」と呼ぶのは、その当時、紫峰の麓で作られたつくばの醤油が美味しかったからだという言い伝えもあります。

02.
一つの山で二つ楽しめる
「ケーブルカー/ロープウェイ」

高尾山が好きなら次は「筑波山」高尾山が好きなら次は「筑波山」

筑波山は、男体山(871m)女体山(877m)の二つの峰を連ねています。この山の魅力のひとつは、「ケーブルカー」と「ロープウェイ」の二つを同時に楽しめるところです。

男体山にあるケーブルカーの筑波山頂駅までは片道約8分、女体山の山頂まではロープウェイで片道約6分で行くことができます。筑波山頂駅から女体山の山頂までは、徒歩で約15分なので、少しだけハイキングをすれば両方とも楽しむことができます。また、男体山の山頂までは、筑波山頂駅から徒歩約15分で行くこともできますよ。高尾山が好きなら次は「筑波山」

往復セット割引乗車券は、1500円でケーブルカーとロープウェイのそれぞれを往復できて、お得。どちらか単体の往復券だと1050円〜1100円となるので、セット割の方が断然お得ですね。麓の駅間は、路線バスが運行しているので「わざわざ山頂まで戻らなくても良いかな」って人には便利です。

03.
西の富士、東の筑波
「日本百名山」

高尾山が好きなら次は「筑波山」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。