体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自動車警ら隊が駐車違反取締りを苦手とする理由

自動車警ら隊が駐車違反取締りを苦手とする理由

自動車警ら隊は警察署の管轄区域をこえてパトロールする部署。警察内部では「自ら隊」などと読んでいます。「交機」もと呼ばれる交通機動隊が主に車などの違反を取り締まるのに対して、自動警ら隊は街中を巡回し不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務。ただし、駐車違反は少し苦手なようです。

自動車警ら隊のパトカーに昇降装置

自動車警ら隊のパトカーといえば、屋根の上の昇降装置付きの赤色灯が特徴。駐車時にその赤色灯を上に伸ばし、通行する車や人に目立つようにします。自動車警ら隊は不審者への職務質問の際など、路上に停車することが多いためです。

自動車警ら隊はパトロールを主な任務としており、職務質問のプロとして知られています。また、事件の捜査や指名手配犯の追跡なども行う一方、交通違反の取り締まりも行っているのです。

自動車警ら隊のパトカーにもストップメーターは付いているため、追尾式の速度取り締まりもできます。ただし、実際には信号無視や進行方向別通行区分違反などの、現認系の違反が多数。時には飲酒検問も行います。

自動車警ら隊にも苦手なものがある

いわば何でも屋である自動車警ら隊ですが、彼らにも苦手なものがあるといいいます。「自ら隊は青キップ1枚で1ポイントとか毎月のポイントで評価されます。案件によって点数は違います」と話すのは元警察官です。

「しかし、駐車違反は点数は高くないのに複雑で知識も必要。なので見逃がしてしまう警察官が多いのです。駐車監視員制度から、道路交通法上の駐車禁止区域を正しく覚えている警察官も減ったのでしょう」といいます。

確かに、駐車禁止区域は複雑です。駐車違反の現認を民間に委託する駐車監視員制度がスタートして10年以上が経過。知識がないため、注意だけで駐車違反を済ましてしまう警察官が増えているようです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。