体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ナイス・フォー・ホワット」3連覇、アリアナ新曲3位デビュー

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ナイス・フォー・ホワット」3連覇、アリアナ新曲3位デビュー

 ドレイクの「ナイス・フォー・ホワット」が3週連続の1位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 ポイントダウンしたとはいえ、今週も5,360万視聴を獲得し、初登場(2018年4月21日付)からストリーミング・チャート、R&B/ヒップホップ・チャートでも3週目の1位をマークした「ナイス・フォー・ホワット」。ラジオ・エアプレイも好調で、先週に引き続き<Airplay Gainer>に輝いている。

 今週は、TOP10内に4曲がデビューするという異例のチャートとなった。この記録は、HOT100の集計が始まってから初となる。

 まず、3位にはアリアナ・グランデの新曲「ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ」が初登場。同曲は、日本でも大ヒットした映画『美女と野獣』の主題歌(同名)以来、1年振りとなる復帰シングル。2014年に2位をマークした「プロブレムfeat.イギー・アゼリア」には及ばなかったが、次週以降、自己最高位を更新するかもしれない。

 初週のダウンロード数は100,000で、セールス・チャートでは首位デビューを果たした。売上が10万枚を突破するのは、2月3日付でデビューしたドレイクの「ゴッズ・プラン」(今週2位)が獲得した127,000枚以来の快挙。3,690万視聴を獲得し、ストリーミング・チャートでは5位に初登場している。

 これで、通算9曲目のTOP10入りを果たしたアリアナ。また、6曲目のTOP10デビュー(初登場が10位内)となり、リアーナ、レディー・ガガの記録と並んだ。上位には、テイラー・スウィフト(14曲)、ドレイク(12曲)、エミネム(8曲)などがランクインしている。

 そして、今週TOP10に3曲を初登場させたのが、ラッパーのJ.コール。今週のアルバム・チャートでNo.1デビューを飾った新作『KOD』に収録されているナンバー、「ATM」が6位、「ケビンズ・ハート」が8位、タイトル曲「KOD」が10位に、それぞれデビューした。同アーティストによる楽曲が、TOP10内に3曲同時に初登場したのは、もちろん歴代初。

 本作の初動ユニットは397,000で、そのうちストリーミングによるポイントが215,000だった。2018年度としては最大の初動ストリーミング・ポイントで、本作の視聴回数を受けて3曲がTOP10入りした。ストリーミングがポイント化してからは、こういったチャート・アクションが度々みられ、特にラッパーのアルバムが初登場する週には、上位にアルバム収録曲がランクインする傾向にある。

 アルバム・チャートではデビューから5作連続のNo.1獲得を果たしたJ.コールだが、シングル曲のTOP10入りは、2017年にリリースした「デジャ・ヴュ」(最高7位)のみで、今週でTOP10入りの記録を一気に4曲、更新した。

 5位にランクダウンした、ポスト・マローンの「サイコfeat. タイ・ダラー・サイン」は、次週上昇する可能性が高い。というのも、同曲が収録された2ndアルバム『ビアボングス&ベントレーズ』が4月27日にリリースされ、J.コールと同じようにアルバムの発売を受けたストリーミングの上昇効果により、ポイントアップするからだ。本作からも、数曲がTOP10入りするかもしれない。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、5月3日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク
2位「ゴッズ・プラン」ドレイク
3位「ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ」アリアナ・グランデ
4位「メント・トゥ・ビーfeat.フロリダ・ジョージア・ライン」ビービー・レクサ
5位「サイコfeat.タイ・ダラー・サイン」ポスト・マローン
6位「ATM」J.コール
7位「ザ・ミドル」ゼッド、マレン・モリス、グレイ
8位「ケビンズ・ハート」J.コール
9位「ルック・アライブ」ブロックボーイ・JB
10位「KOD」J.コール

関連記事リンク(外部サイト)

5月5日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
5月5日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
ドレイク、ニューAL『スコーピオン』を2018年6月にリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。