体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「幕間なう」シネマ歌舞伎を題材にした「やじきた」LINEスタンプが登場

「幕間なう」シネマ歌舞伎を題材にした「やじきた」LINEスタンプが登場

 全国の映画館で歌舞伎が楽しめる「シネマ歌舞伎」。6月9日からは歌舞伎座での夏芝居の風物詩である「東海道中膝栗毛」から、2016年の八月納涼歌舞伎に上演された、市川猿之助丈脚本・演出のミステリーもの「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖(とうかいどうちゅうひざくりげ・こびきちょうなぞときばなし)」が全国の映画館で上映されます。これを記念して、シネマ歌舞伎初となるLINEスタンプが2018年4月28日に発売されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 おなじみ弥次さん喜多さんが、今度は木挽町(歌舞伎座所在地の旧町名)歌舞伎座で発生した殺人事件に巻き込まれる……というミステリー仕立てとなった異色作「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖」。市川染五郎丈(現:松本幸四郎)演じる弥次さん、市川猿之助丈演じる喜多さんが犯人と疑われ、疑いを晴らすために真犯人探しをするというストーリーです。

 この公開を記念して発売されたオリジナルLINEスタンプの内容は、歌舞伎独特の大向こう(観客席の奥、常連が陣取る席)からの掛け声を表現した「こうらいや!(高麗屋。市川染五郎など松本幸四郎家の屋号)」、「おもだかや!(澤瀉屋:市川猿之助一門の屋号)」をはじめ、観劇シーンで使いやすい「切符取れました」や、日常でも一休みの時に使える「幕間(まくあい)なう」など、この演目ならではのスタンプが揃っています。

 スタンプは1セット24種で120円(税込)または50コイン。LINEクリエイターズマーケットで販売されています。歌舞伎やシネマ歌舞伎に出かけた際だけでなく、「働きたくない」など、日常のLINEでも使えるものが揃っているので、様々な場面に使って会話を盛り上げるのもいいですね。

写真:齋藤芳弘、松竹株式会社

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

忌野清志郎が描いた幻の絵本が初の単行本化 5月2日命日から都内で原画展開催
可愛いは正義!グミの妖精石原さとみのじゅわわんな表情にメロメロ
逆輸入俳優・大谷亮平がはにかみ笑顔連発 ファンに「あ~ん」をプレゼント

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。