体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が遂に10連覇、BTS(防弾少年団)が急上昇

【ビルボード HOT BUZZ SONG】米津玄師「Lemon」が遂に10連覇、BTS(防弾少年団)が急上昇

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週は、遂に「Lemon」米津玄師が10週連続となる首位に輝いた。ダウンロード数も断トツNo.1で、動画再生数が2位、ツイートが7位と引き続き圧倒的な力をみせている。

 先週6位につけていた「シンクロニシティ」乃木坂46は、ダウンロード解禁をうけ、2位にジャンプアップ。ダウンロードは2位、ツイートは6位、動画再生数は21位で、25日のフィジカル盤リリースに牽引され、来週1位を獲得できるかが気になるところだ。ワンランクダウンとなった「What is Love?」TWICEは、動画再生数が1位、ツイートが3位と先週に引き続きTOP3圏内をキープしているもののダウンロードが先週6位から17位に下落している。

 今週総合チャート“Hot 100”4位の「アイラブユー」西野カナは、ダウンロード3位と好スタートをきり“HOT BUZZ SONG”4位に初登場。5位には、ダウンロード4位の「零 -ZERO-」福山雅治が続き、BTS(防弾少年団)の「DNA」は先週30位から6位に急上昇。同曲のミュージック・ビデオがYouTubeで最も再生されたK-POPグループによる動画になったことが、大きな話題となったことをうけ、ツイート2位に。動画再生回数も公開からTOP20圏内をずっとキープしており、その人気の高さが伺える。

 加えて「Alter Ego」RYUJI IMAICHI(7位)、「Take Me Under」MAN WITH A MISSION(9位)、「流星」藍井エイル(10位)は、いずれも今週リリースを迎えたことで、ダウンロード・ポイントに牽引され、TOP10に初エントリーしている。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2018年4月30日付)
1位「Lemon」米津玄師
2位「シンクロニシティ」乃木坂46
3位「What is Love?」TWICE
4位「アイラブユー」西野カナ
5位「零 -ZERO-」福山雅治
6位「DNA」BTS(防弾少年団)
7位「Alter Ego」RYUJI IMAICHI
8位「ドラえもん」星野源
9位「Take Me Under」MAN WITH A MISSION
10位「流星」藍井エイル

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】KAT-TUN「Ask Yourself」が14.4万枚を売り上げ総合首位 米津玄師「Lemon」10週連続ダウンロード1位
【ビルボード】米津玄師DLソング&TWICEストリーミング連覇、故アヴィーチーDLアルバム多数ランクイン
【ビルボード】まねきケチャ「鏡の中から」、アニメ・チャートで首位獲得! 藍井エイル「流星」が早くもDL上位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。