体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

阿佐ヶ谷ロマンティクス、FM OH! 5月のパワープレイに

阿佐ヶ谷ロマンティクス、FM OH! 5月のパワープレイに

 FM OH!がマンスリーで選ぶイチオシ・ニュー・ディスク、5月のパワープレイに阿佐ヶ谷ロマンティクス「君の待つ方へ」が決定した。

 阿佐ヶ谷ロマンティクスは、有坂朋恵(ヴォーカル)、貴志朋矢(ギター)、古谷理恵(ドラムス)、堀 智史(キーボード)の4人組。 2014年春、結成。ロックステディやレゲエといった中南米音楽の要素をニューミュージックやティンパンアレイといった、抒情的な日本語ポップスへと落とし込んだ、バンド名の通りロマンティックなナンバーを奏でるグループ。2017年1月に発売した1stアルバム『街の色』が各所で話題を呼び、その後、DADARAYとの2マン、KONCOSや台風クラブとの対バン、また、バンドの初自主企画【初秋のロマンティック】【春分のロマンティック】にはTAMTAMや次松大助(THE MICETEETH)をゲストに開催と、日々精力的に活動中。そんな阿佐ヶ谷ロマンティクスが、この度、新たな名曲たちを収録した2ndアルバム『灯がともる頃には』を発売。タイトル曲「灯がともる頃には」は、彼らの最大の持ち味である抜群のメロディ、そして圧倒的なヴォーカルの良さを存分に感じることができる。また、今作のリード曲でもあり、明るく踊れる阿佐ヶ谷流スカ・ナンバー「君の待つ方へ」や、切ない詞と透き通るように綺麗なメロディ「想像ばかり」、The Delfonicsの大名曲「La La Means I Love You」のカヴァーなど、非常に満足度の高い作品に仕上がっている。

◎リリース情報
阿佐ヶ谷ロマンティクス
2nd full album『灯がともる頃には』
2018/5/16 RELEASE
PCD-24728 / ¥2,400(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

阿佐ヶ谷ロマンティクス、2ndアルバム『灯がともる頃には』5/16発売決定
DAOKO 新曲は小林武史プロデュース! ゲームアプリ『ドラガリアロスト』の主題歌に
深川麻衣の初主演WEBドラマ主題歌、三月のパンタシア書き下ろしの新曲「恋を落とす」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。