体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【K STORM】破格のスケールを感じさせる3ピースバンド、SE SO NEON(セソニョン)の飛躍…日韓音楽コミュニケーター筧真帆が韓国音楽の新鋭を紹介

【K STORM】破格のスケールを感じさせる3ピースバンド、SE SO NEON(セソニョン)の飛躍…日韓音楽コミュニケーター筧真帆が韓国音楽の新鋭を紹介

 “K-POP”のメインストリームとは一歩離れた地点から音楽シーンを更新する、韓国音楽の新たな才能を紹介する連載企画【K STORM】。第四回となる今回は、5月に初来日公演を開催するなど、各所から熱い視線が注がれている3ピース・バンド、SE SO NEON(セソニョン)を取り上げる。

【K STORM】.jpg

【K STORM】バンド音楽で異例の躍進を遂げたHYUKOH(ヒョゴ)とは?
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/59251

【K STORM】韓国と世界をコネクトするR&B界の若き異才、DEAN(ディーン)の視線
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/60300

【K STORM】“飾らないリアル”をラップするシンガーソングライター、Heize(ヘイズ)躍進の理由
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/61552

 今回も取材と文章は、日韓音楽コミュニケーターの筧真帆氏。取材は今年4月初旬に韓国にて行われた。ファン・ソユン(ギター/ヴォーカル)、カント(ドラムス)、ムン・ペンシ(ベース)の3人からなり、“次なるHYUKOH”とも囁かれる才能溢れる新星バンドに、ぜひ注目して欲しい。(以下、文:筧 真帆)

〈破格のスケールを感じさせる3ピースバンド、SE SO NEON(セソニョン)の飛躍〉

 先日、ソウルのバーへ足を運んだときのこと。女性のバーテンダーが「SE SO NEONって知ってる?」と言いながらBGMを切りかえた。筆者が5日間ほどのソウル滞在中、芸能事務所からクラブ関係者、フェスの主催者、街のカフェからも、SE SO NEONの名前と音楽を頻繁に耳にした。
 デビュー前から雑誌『ヴォーグ』が注目の新人としてピックアップ、昨年6月にデビューの後、BTSのリーダーRMはSNSや動画サイトでSE SO NEONの「The Wave」が好きだと言い、DEANは自身の最新曲「Instagram」でアコースティックギターの演奏を依頼。この4月からはiKONが進行する動画アプリ番組にも出演。他にも複数の有名アーティストらがSE SO NEONの話題に触れている。
ソユン「自分の話じゃない感覚。テレビスターたちがSE SO NEONの話をするなんて。周りに“SE SO NEONが今話題だよね”と言われても、“そうなんだ、へぇ…”という他人ごとみたい」
 3年前にこれと同じ現象を見たことがある。そう、HYUKOHのブレイク直前と同じだ。

「波(The Wave)」https://youtu.be/VJfGfB4-vP0

 SE SO NEONのバンド名は、ソユンが書店でふと手に取ったタイポグラフィーの本から見つけたものだ。
ソユン「“SE SO NEON”の“セ”は、“New”とも“Bird”ともとれるし、“ソニョン(少年)”という単語にも、幼くキラキラしたイメージがいいなと思ってバンド名にした。後で知ったんだけど、80年代まであった『新少年』という子供雑誌のタイトルだったらしい。私たちのバンド名は新と鳥と両方の意味を持ってる」
 ボーカル/ギターのソユンとドラムのカントは、同じ中高一貫のオルタナティブ・スクールに通う4つ違いの先輩後輩だ。山あいにある有名な自由教育の学校で、学園祭のときに偶然同じステージに上がる機会があった。
カント「ちゃんと会話したのが、僕が卒業してからのあるライブの打ち上げ。そのうち一緒にバンドでもできるといいね、と話しているうちに組むことになった。初代のベースも同じ学校出身だったけど少ししてから抜けたので、友人の紹介で、大学でベースを専攻しているペンシに合流してもらった」

 ロック、サイケ、ブルース、フォーク等々、様々なジャンルをヴィンテージに鳴らす楽曲と詩的な歌詞、加えてソユンの中性的でスモーキーな歌声が人々を魅了する。詞曲のすべてを手掛けるソユンは、好奇心旺盛だったという幼少時代、小学4年でエレキギターに惚れこんだ。
ソユン「自分のお小づかいで買った。欲しかったギターが25万ウォン(約2万5千円)で、私が20万ウォン出して、母が5万ウォン出してくれた」
 中学のころには、ビルボードチャートのトップ10に入る曲はすべて聴いていた。また車の中で親がよく掛けていたキム・グァンジン、ユ・ジェハ、イ・ムンセ、ドランクンタイガー、Windy Cityなど、90年代の韓国歌謡から2000年代の韓国ポップもよく耳にし、多彩な音楽を好むようになる。
ソユン「初めて作詞作曲をしたのは中学3年のとき。高校進学のための研究課題としてやってみたら面白くて。当時から作り溜めていた曲のほとんどが、今SE SO NEONの曲になっている」
 ソユンの歌唱力とギターテクニック、ステージでの大胆な歌いっぷりは、新人とは思えない存在感を醸し出しているが、本格的に歌い始めたのはバンドを組んでからだと言う。
ソユン「声にコンプレックスがあった。学生のときも“音を出す”程度に歌っていて、SE SO NEON結成当初も、ボーカルを別に入れようか?と話をしていたほど。それがデビューしてみたら、私の歌声が良いという反応が多くて驚いた。ステージでのパフォーマンスについても特別意識していないが、学生のころは親に連れられて、演劇、ミュージカル、ライブとか、ひと月の半分はいろんな舞台を見に行っていたから、あの頃の経験が知らずと役立っているのかもしれない」

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。