体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】ブルーノ・マーズ&エド・シーラン、来日公演の影響はCDセールスにも反映される?

【深ヨミ】ブルーノ・マーズ&エド・シーラン、来日公演の影響はCDセールスにも反映される?

 先日、来日公演を終えたブルーノ・マーズとエド・シーランの過去作が、Billboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”の上位に浮上した。

 ブルーノは4月11日、12日、14日、15日の4日間、さいたまスーパーアリーナにて、エドは4月11日に大阪城ホール、13日、14日に日本武道館にて、単独公演を開催した。グラミーアーティストが同じ週に来日するという、洋楽リスナーにとってはスペシャルなウィークとなった一週間。4月30日付の総合アルバム・チャート“HOT Albums”では、ブルーノ・マーズの『24K・マジック』が15位、エド・シーランの『÷(ディバイド)』が20位にそれぞれチャートイン。デジタル・フィジカルともに高いセールス力を示す指標となった。

 CDセールスにおいても、その傾向は垣間見れる。今回は『24K・マジック』『÷(ディバイド)』の“Top Albums Sales”直近3週の順位と、SoundScanJapanより当週の売上枚数を抽出。CDセールスにおける順位変動を調査した。

ブルーノ・マーズ
『24K・マジック』
2016/11/18 RELEASE
【4月16日付】圏外
       ↓
【4月23日付】22位(2,873枚)
       ↓
【4月30日付】17位(2,609枚)

エド・シーラン
『÷(ディバイド)』
2017/3/3 RELEASE
【4月16日付】87位(616枚)
       ↓
【4月23日付】59位(716枚)
       ↓
【4月30日付】40位(1,023枚)

 上記の通り、2作品とも順位が右肩上がりとなっている。他にも、4月30日付チャートでは、ブルーノ・マーズの1st Album『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』が85位に浮上。また、輸入盤も同じようなセールス動向を見せており、最新週は『24K・マジック』が729枚、『÷(ディバイド)』が473枚を売り上げている。

 夏にはボブ・ディランやケンドリック・ラマーが出演する【FUJI ROCK FESTIVAL】、ノエル・ギャラガーやベックが出演する【SUMMER SONIC】が開催。また10月にはマライア・キャリーやサム・スミスら大物アーティストの来日公演が控えており、今後も海外アーティストがチャートを賑わすことに期待できそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

【2018 ビルボード・ミュージック・アワード】ノミネート・アーティスト発表
エド・シーラン、約32,000人を動員したジャパン・ライブのレポートが到着 タイガースにジャイアンツ、そしてサッカー日本代表ユニフォームのサプライズも
レディー・ガガ、エド・シーランらによるエルトン・ジョンの名曲カバー・アルバム、明日4/18リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。