体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「一升もち」に「選び取り」。親ばか全開だけど楽しかった1歳のお誕生日会

f:id:akasuguope01:20180307145742j:plain

初めての息子の誕生日は、夫の両親も招待して行いました。

当日は休日でした。ですが息子の初めての誕生日ということもあり、朝6時ごろに起床、いろいろな準備をしました。

まず最初に飾りつけをすることにし、納得のいったところで食事の準備をしました。

大人の食べる料理の支度から始め、サーモンをバラに見立てたケーキずし、から揚げ、タコの刺身などを作りました。

本日の主役の息子には、シチューとケーキを用意しました。

あっという間に時間は過ぎて、12時ごろからお誕生日会がスタート!

最初のイベントはお食事でした。みんなで歌ってお祝いしましたが、息子はまだ理解できていなく、眠い目をこすっていました。

ですが、生まれて初めてのケーキは、母が想像していた以上に美味しかったらしく、バクバクと食べていました。

誕生日プレゼントは、押し車としても使用できる車をプレゼントしました。 関連記事:1歳の誕生日プレゼントは一生の記念になるものを。誕生石入りのベビーリング

そして、お食事会が済んだ後のイベントは、一升もちを背負わせて歩かせるというもの。ただ当時の息子は10歩ほどしか歩けなかったため、一升もちを背負わせてただひたすら写真を撮るというイベントになってしまいました。

ちなみに、お餅は夫の両親が手作りで準備してくれました。我が家の用意としては、袴の柄のロンパースを用意すること。

そして一升もちを風呂敷で包み、肩から斜めにかけて背負わせました。このとき「転んだら困るから、ちゃんとお餅を支えてあげて!」と義母に言われ、言われるがまま支えましたが、後から考えてみれば、あれは転んでもいいのでは? むしろこどもが転んで終わるというのがお決まりのパターンだったような気がします。

ですが一生ごはんに困りませんようにという、みんなの願いは込めたので、よかったのかなとも思います。

最後は、息子の前に道具を並べ、最初に手にしたもので子供の将来と才能を想定するという「選び取り」のイベントです。

私は事前にどの道具を並べるのかをネットで調べ、筆ペンで厚紙に絵を描いて用意をしていました。

そして、息子が手にしたのはハサミでした。そして、もう一方の手には辞書の絵札ももっていました。「将来、カリスマ美容師かな?」「辞書も持っているね。学者? 博士号をとっちゃうかな?」などと、親ばか全開ですが、とても楽しい誕生日となりました。 関連記事:みんなでお祝い♪ 子育て支援センターの「お誕生日会めぐり」をした1歳の誕生月

f:id:akasuguope01:20180216121612j:plain

著者:あつこ

年齢:40歳

子どもの年齢:1歳

39歳という高齢で男児を出産、1歳のひとり息子が愛おしくてたまらない日々です。そして、毎日のように体力の衰えを感じながらも子育てに奮闘中。今後の自身の体力・精神力が子供の成長にどうすればついていけるか、先の長い挑戦をし続けていくことになりそうです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

0歳児と2歳児を連れての結婚式参列。私の不安は的中し、兄弟がギャン泣きに…
興奮しっぱなしのお宮参り。まさかココでガソリン切れー!?…からの大惨事 by まきりえこ
1歳の誕生日プレゼントは一生の記念になるものを。誕生石入りのベビーリング

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。