体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【再現レシピ・レトロ喫茶編】「イワタコーヒー」風のふかふか厚焼きホットケーキの簡単レシピ

有名店のあの味が自宅で再現できる!

有名店のあの味を自宅で再現できたら……。そんな夢のような話を実現すべく、CHINTAI編集部がお店に通って徹底研究! おいしさはそのままで、自宅でも手軽に再現できるようにアレンジしたレシピを大公開。

今回は1948年創業、鎌倉の老舗喫茶「イワタコーヒー」の名物メニューにチャレンジ! 数ある人気メニューの中から特にファンが多い、ふかふか厚焼きのホットケーキを再現する。昔からレシピを変えず、素朴な味を守り抜いているイワタコーヒーのホットケーキ。あのフォトジェニックな分厚さを自宅で再現してみよう!
イワタコーヒーみたいな分厚いふかふかホットケーキを作ろう!|【再現レシピ・レトロ喫茶編】「イワタコーヒー」風のふかふか厚焼きホットケーキの簡単レシピ

イワタコーヒーみたいな分厚いふかふかホットケーキを作ろう!材料(1人分)

薄力粉=60g
強力粉=40g
ベーキングパウダー=7g(小さじ1と1/2)
卵(Lサイズ)=1個
上白糖=40g
牛乳=70ml
バター(有塩)=10g
塩=ひとつまみ
<トッピング>
バター(有塩)、メープルシロップ=適量
イワタコーヒーのホットケーキを再現するのに必要な材料はこちら!|【再現レシピ・レトロ喫茶編】「イワタコーヒー」風のふかふか厚焼きホットケーキの簡単レシピ

イワタコーヒーのホットケーキを再現するのに必要な材料はこちら!

今回、粉は薄力粉と強力粉の2種類をブレンドした。

イワタコーヒーのホットケーキは、フワフワよりも、もっちりとした食感が特徴。それでいて重すぎず、表面はカリッとしている。家庭のフライパンでもこの食感を再現するため、薄力粉だけでなく強力粉を加えるのがオススメだ。
イワタコーヒー風のホットケーキを再現するために、薄力粉と強力粉の2種類をブレンドして、ふかふかな食感を目指す!|【再現レシピ・レトロ喫茶編】「イワタコーヒー」風のふかふか厚焼きホットケーキの簡単レシピ

イワタコーヒー風のホットケーキを再現するために、薄力粉と強力粉の2種類をブレンドして、ふかふかな食感を目指す!準備

・型を用意する。型は10~11cmのシリコン型もしくはセルクルを使用する。焼き上がったあと生地がはがれやすいように、内側に溶かしバターかサラダ油を薄く塗っておく。
丸型のシリコン型やセルクルを使って、ホットケーキの高さを出す|【再現レシピ・レトロ喫茶編】「イワタコーヒー」風のふかふか厚焼きホットケーキの簡単レシピ

丸型のシリコン型やセルクルを使って、ホットケーキの高さを出す型離れをよくするため、あらかじめ油を塗っておこう|【再現レシピ・レトロ喫茶編】「イワタコーヒー」風のふかふか厚焼きホットケーキの簡単レシピ

型離れをよくするため、あらかじめ油を塗っておこう

・粉類は合わせて粉ふるいでふるっておく。
薄力粉、強力粉、ベーキングパウダー、塩を合わせてふるっておく|【再現レシピ・レトロ喫茶編】「イワタコーヒー」風のふかふか厚焼きホットケーキの簡単レシピ

1 2 3 4次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。