体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【吉方方位】5月の六白金星は第3モテ期!!

【吉方方位】5月の六白金星は第3モテ期!!

 新年度がスタートして1か月が経ちました。みなさん、新しい環境に慣れてきた頃ではないかと思います。新しい環境に慣れたといっても、物事が順調に進んでいれば良いのですけど、物事が順調に進まない時ってありませんか?

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 私の占いでは、時々、「トラブルの星が入っています」という記載をしているときがあります。トラブルの星と聞くと、ちょっと厄介だなって思われるかもしれませんが、トラブルというのは、人を成長させる大切な出来事でもあるのです。

 かつて、私が正社員として働いていたころ、電話の取次ぎを一生懸命していた女性スタッフがいました。社会人の方はご存知のとおり、電話の取次ぎって、誰がとっているとか、とっていないとか、ささいな業務ですけれど、大きな問題になる仕事ですよね。そんな電話の取次ぎを率先して対応してくれていた彼女に、部署のメンバーは感謝をしつつも、彼女に任せてしまうようになりました。

 そんなある日、上司がとても大切にしているお客様からの電話取次ぎを、彼女が誤って切ってしまい、大変なトラブルに発展してしまいました。上司はカンカンに怒り、彼女にも激しいお叱りが飛びました。そもそも彼女は、自分が取り立てて仕事ができるわけではないと自覚していたので、少しでも皆の役に立てる業務は無いかと思い電話の取次ぎを率先してやっていました。でも、運が悪いことに、上司の大切なお客様の電話でミスをしてしまったのでした。

 ミスをした彼女は、大変落ち込み、ふさぎ込んでしまいました。そんな状況を見て、メンバーは電話の取次ぎ業務を各自が怠っていたことを反省し、そして、上司も感情の赴くままに怒りをぶつけてしまったことを女性スタッフに謝罪しました。

 彼女に聞いたところ、いつもなら上司に確認をするところ、たまたま魔がさしてしまい上司に確認しなかったから起きてしまったそうです。でも、こういうことが無ければ、基本を忘れたまま業務に向かい、もっと大きなトラブルを起こしていたかもしれない、と言っていました。

 後日、彼女の運勢を見たところ、やはりトラブルの星が回ってきていました。こういう時は、判断ミスを起こしがちで、ルーチン業務さえも注意が必要ですが、考え方を変えると、私たちを成長させる良い機会でもあるので、ぜひ前向きにとらえてみてくださいね。

 さて、今月、そんな成長の機会が回ってきているのは……下記の占いで確認してみてくださいね。

※星早見表(生まれ年の星)は記事最下部に記載しています。

■一白水星

運気を、成長のために学習する「学習期4か月」と、学習したことを表舞台で披露し活躍する「活躍期5か月」に分けると引き続き、「活躍期5か月」の、2か月目にいます。

今月が、運気の中で一番チャンスに恵まれる時なので、積極的に表舞台へ繰り出してください。特に今月の運気は人間関係に強いため、たくさんの人と出会うことを目標にしてみると良いですよ。

恋愛は、フリーの方は良い縁を見つけやすい時期です。あらゆる出会いの場に繰り出してみましょう。好調期は、「あっ」という間に終わるものなので、ステキな相手を見つけたら、すぐ連絡先を確保し、次の予定を入れましょう。

※今月の吉方位は文末をお読みください!

■二黒土星

運気を、成長のために学習する「学習期4か月」と、学習したことを表舞台で披露し活躍する「活躍期5か月」に分けると「活躍期5か月」の真ん中、3か月目にいるため、一時停止、お休みの時です。
そのため、先月に比べると物事が思ったように進まず、身近な人にイライラをぶつけてしまいそうですが、イライラをぶつけてしまうと、自分の評価を下げてしまうので、言いたいことは3日後に言う!と肝に銘じてください。きっと、言わなくてよかったと思うはずですよ。

恋愛も思うように進展しなくなることあるかもしれませんが、こういう時こそ相手に本心が見える時と思って、お付き合いを進めていけるとよいですね。

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。