体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

告白は自分から行く?それとも待つ?【ちょっと面白い都道府県ランキング】

「ちょっと面白い都道府県ランキング特集」告白は自分から行く?それとも待つ?
北から南まで47都道府県、小さな日本なのに風土、文化、方言、文化、県民性がそれぞれ違います。そして同じ日本人であっても、食の好み、考え方や気質、肌色、体型も異なりますね。

TABIZINEでは、各都道府県が持つ個性に着目し、「ちょっと面白い都道府県ランキング」をシリーズでお届けいたします。

「ちょっと面白い都道府県ランキング特集」告白は自分から行く?それとも待つ?
日本の各都道府県で県民性が異なるように、恋愛の傾向も異なります。恋愛に積極的な県、奥手の県。各県の恋愛事情はどのように異なるのでしょうか。ソニー生命保険株式会社が2017年11月7日~11月15日の9日間、全国の20歳~ 59歳の男女4,700名(各都道府県100名)に対し、「47都道府県別 生活意識調査2018(生活・家族編)」をインターネットリサーチしました。

その中で恋愛事情の「告白」について、ちょっと驚きの結果が出ていますよ。あなたの今までのイメージが覆されるかも?

自分から告白する男子のトップは、この県!

「ちょっと面白い都道府県ランキング特集」告白は自分から行く?それとも待つ?
「自分から告白する男性」の第1位は、「埼玉県」男子(50.0%)。埼玉男子、カッコイイじゃないですか!株価急上昇って感じです。第2位は、「滋賀県」「京都府」(48%)。穏やかで静かなイメージがあるので、ちょっと意外でしたが、内に秘めた情熱があるのかもしれません。

あの九州男児が、実は待つタイプ?

「ちょっと面白い都道府県ランキング特集」告白は自分から行く?それとも待つ?
九州男児といえば、「俺について来い」というイメージがありますが、全部が全部ではなさそう。九州「大分県」男子(44%)は「告白されるのを待つ」で、待つ男子のトップという驚きの結果に。とはいえ、働く父親の育児参加率(2016年)では、大分県男子が第1位。育児に参加してくれる良いお父さんになりそうです。

第2位はシャイなイメージのある、東北「山形県」男子が42%。第3位は「岐阜県」「静岡県」の40%。

これらの県の「待つ」男子が気になるあなたは、自分からアクションを起こした方が良さそうですよ。

■47都道府県別 男性の告白状況(2017年11月現在)
「ちょっと面白い都道府県ランキング特集」告白は自分から行く?それとも待つ?
ソニー生命保険 47都道府県別 生活意識調査2018(生活・家族編)

待てません!自分から告白する女子トップの県は?

「ちょっと面白い都道府県ランキング特集」告白は自分から行く?それとも待つ?
自分から告白する割合が最も高かったのは「山梨県」女子(34.0%)。第2位には「茨城県」「群馬県」「埼玉県」「東京都」「兵庫県」女子(各26%)。かかあ天下と言われる「群馬県」が第1位かと思いきや、「山梨県」がトップ。「山梨県」女子は、積極的で尽くすのが好きと言われます。この人!と思ったら、迷うことなく取りにいくタイプなのでしょう。関東地方は、自分から告白するという積極的な女性が多いようです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。