体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップルのマウスの動きを良くするパッド「PureShape」

PC作業をする人にとって、使いやすいマウスは作業の効率アップに欠かせない。ただ、マウスを置く机の材質によっては滑りが悪くなり、思い通りに動かせずにイラっとすることになる。

そこで、ポーランドのスタートアップが開発したのがAppleのMagic Mouse用マウスパッド「PureShape」。開発元は「これを使うことで、マウスの滑りが5倍よくなる」とアピールしている。

・マウスを動かす音も抑制

PureShapeは、マウス裏側につけるフィルム「SmartSlider」とセットになっていて、このフィルムをつけると摩擦を抑えられ、マウスがPureShape上をよく滑るようになる。

マウスを動かす時の音も抑制でき、開発元によると、動きは5倍、正確性は3倍向上するという。

・パッド裏に滑り止め

PureShapeは大きさ245×190ミリ、厚さ5ミリのスチール製で、ナノセラミックでコーティングされている。裏面には滑り止めもついていて、マウスを操作するときにパッドが動く心配はない。

一方のSmartSliderはポリマー製で、テープやのりを使わずにただマウス裏に置くだけでくっつけられるとのこと。

どちらも白色で、Magic Mouseのカラーとスタイリッシュなデザインにマッチする。

Magic Mouseユーザーは要必見のこのセット、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金を調達中。今なら49ドル(約5300円)の出資で入手できる。出資は5月16日まで受け付け、発送は8月を予定している。

PureShape/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。