体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Autel Evoの製品ページが更新、スペック等が確認可能に

DJI Mavic Pro の後継を狙って開発された期待の新生「Autel Evo」の公式サイト上の掲載内容が更新されました。
Autel Evo の製品ページは、特徴などの説明が充実し、スペックシートも公開され、Autel Evo の詳細を確認できるようになりました。
Autel Evo は 1 月の CES 2018 で発表されているため、長らく発売が待たされている状況ですが、肝心な発売の日取りは未だ公表されておらず、依然として 2018 年 Q2 のままです。
スペックシートを見ると、送信機にビルトインされている FPV 用の OELD パネルは 330 カンデラの輝度を持ち、30 分フライトを実現するバッテリー容量は 4,300mAh だと分かりました。
また、操縦とビデオの無線伝送には 900MHz 帯と 2.4GHz 帯を利用しており、操縦可能範囲が 4.3 マイルである事は発表時と変わっていません。
発表当初、Autel Evo には 1 インチのイメージセンサーが搭載されるとアナウンスされていましたが、製品ページにセンサーサイズは記載されていません。
更新された後もセンサーサイズは明らかにされておらず、未だ確認できない状況です。
Source : Autel Robotics(Evo 製品ページ)

■関連記事
Amazon.co.jp、FireTV(Newモデル)の2,000円引きセールを実施中
Android Pにロックダウン機能が追加
LG G7 ThinQのデザインが流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。