体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【元NO.1ホステス香織社長の恋愛CLUB】付き合うなら、愛した人?愛された人?

甲賀2
銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の元NO.1ホステスで、現在、株式会社TrueHeartの代表取締役として活躍する甲賀香織さんが、恋愛に関するいろいろな質問に答える「元NO.1ホステス香織社長の恋愛CLUB」。

≪今回のお悩み≫先生、はじめまして!
悩んでいることがあります。それは、「好きになる人のタイプ」と「好かれるタイプ」が全然違う事です。
好きになるのは、どちらかというと大人しくて、たまにボソっと面白い事を言うようなタイプなのですが、気に入られるのは、体育会系というか、ガテン系というか。知力より体力が有り余っているタイプなのです。
できれば「好きになった人」に好きになってもらいたいのに、それがなかなか叶わないまま、今日にいたります。
ぶっちゃけ、私は気に入られる人と一緒になった方が幸せになれるのでしょうか。それとも、好きな人を追い続けている方が幸せなのでしょうか。
先生の意見を聞きたいです。よろしくお願い致します。(25歳/女性/会社員)

≪香織社長の答え≫あなたがおっしゃっている言葉を分かりやすく言い換えてみましょう。
『私は、草食系女子ですが、草食系男子がタイプです。肉食系男子に好かれるうことが多いですが、どうしたらいいですか?』
(あなたの男性のタイプが草食系と推察した理由は、「大人しくてたまにボソッと面白いことを言うタイプ」ということから判断し、あなたが草食系ではないかと考えた理由は、「好きなタイプに好きになってほしいのに、それも叶わぬまま」という表現により自分から明確なアプローチをしているわけではないのではないか、と思ったことと、「気に入ってくれる人と一緒になった方が幸せか、否か」と本来自分の価値観による話なのに、他者に意見を求めてしまう受け身な姿勢から、判断しました。)
・・・で、もしも、上記の前提条件が合っているのだとするのなら、2つおかしな点があります。
1つ目のおかしな点は、草食と草食、、、受け身と受け身、、、磁石のN極とN極、、、奇跡のような出来事でも起きない限り、確率的には、二人が近づくことは無理なのではないでしょうか。
あなたが肉食系(?)へと思考と行動を変え、好きなタイプにガツガツアタックしていく勇気が湧くなら別です。草食系男子は、明確なアプローチがない限り、近寄ってくることはないでしょう。
2つ目のおかしな点は、肉食系男子は、女子に近づくのが得意なので、そもそもあなたのことを本気で好きなわけではないかもしれません。というのも、男子はそもそも、女性よりも、ストライクゾーンが広いので、あなたはそのストライクゾーンに一応入っている人というだけかもしれないからです。
すると、あなただけでなく複数の女子を気に入りアプローチしている可能性もあります。
ただ、複数同時アプロ―チに関しては、「肉食系だから・・・」というよりはその人の人間性によると思いますので、そのあたりは、見極めなければいけませんね。

最後に、自分から好きになる場合、好かれる場合、どちらが幸せかなんて、決められるものではありません。
なぜなら、あなたの好きなタイプが、小学生の頃と今とで違うように、未来のあなたがどんな価値観で、どんな人がタイプになるかはあなた自身でも断言できないはずだからです。
それに、あなたはあなたを気に入ってくれる彼のことを深くも知らないのに、もしくは、大人しくてボソッと面白いことを言うような彼のことを深くも知らないくせに、なぜ、好きとか、嫌いとかの判断できるのでしょうか。あなたは人間の価値を、その人の雰囲気だけで判断するのでしょうか?
付き合ってみたら、そういう人もアリかもしれない!となる可能性はゼロではありません。むしろ、自分の好きなタイプの価値観を根底から覆す存在になるかもしれません。
もしくは、自分のことを大好きだと言ってくれていた彼が、急に自分への愛が冷めてしまうという可能性だってあります。
もしも、私が「好きになってくれる人と一緒になった方が幸せですよ。」とアドバイスしたら、あなたはそれに従うのでしょうか?そして、もしも、従った場合、うまくいかなくなった理由をきっと私か彼のせいにするでしょう。
本当の幸せは、人生に対して受け身でいるうちは感じることはできないのです。受け身でいるうちは、マイナスなことはなんでも人のせいになり、プラスなことがあっても、「本当に求めているものは別なのではないか」という思いがよぎり幸せ実感が湧かないはずです。

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。