体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みんな、BBQのこと誤解してる。

みんな、BBQのこと誤解してる。

日本のみんな。

“BBQ”って、夏場に外でワイワイ肉や野菜を焼くことだと思ってませんか?

茨城県つくば市にある「BAR-KIN(バーキン)」の店長・河合さん曰く、あれはただの“野外でする焼肉”だそうなんです。

「BBQって、アメリカでは、肉を低温で長時間焼くことによって、かたまりでも美味しく柔らかく食べられるようになる調理法のことをいうんですよ。それにアメリカのBBQはおもてなし料理。一家に一台グリルがあって、明日ゲストが来るってなったら前日に仕込みをするんです」

河合さんは、日本BBQ協会公認・BBQ上級インストラクターの資格を持っている人。日本に200人くらいしかいないんですよ。そんな彼が焼いてくれるお肉、期待高まりまくるでしょ?

これが、
本場のBBQマシーンであります

みんな、BBQのこと誤解してる。

なぜか、神々しい……。

「BBQグリルって、日本ではただの網だったりするんですが、正式なものは蓋つきです。インダイレクトグリルって言って、間接的に焼くんですよ。右の小さい所に炭や薪を置いて、庫内温度を高めて焼きあげます」

豚の肩肉を8時間焼くなんてメニューもあるけど、ゆっくり低温で焼くことにより、柔らかく美味しく仕上がるんだそうですよ。みんな、BBQのこと誤解してる。

肩書き欲しさに検定受けたら
すっかりハマりました

ちなみに……バーベキュー協会認定の資格って、一体どこで取れるんですか?

「検定は全国でやってるんですよ。協会主体だったり、お店主体でやってたりもして、ここでもやってますよ。私も店始める前は20年くらい会社員だったんですが、面白そうだし肩書き程度に持っててもいいかなと思って検定受けてみたら、ハマってしまって」

普通のBBQと思って教わりに行ったら全然やってることが違ってたんだそうです。炭の起こし方から調理方法、筆記試験まで、全てにおいて楽しいし、美味しくて、ハマる人が多いんだとか。初級は筆記試験だけで取れるらしいですよ!

「BBQって、教える人がいないじゃないですか。みんな適当に炭を買って、着かない着かない言ってる。BBQ検定を受けると、うちわも着火材もいらない炭起こしができるようになりますよ」

そこに、どんなテクニックが?

「これに炭と、下に新聞紙を入れて火をつけるだけです」

ファ!?

 みんな、BBQのこと誤解してる。

本場の味のお肉を
食べてほしいのです

みんな、BBQのこと誤解してる。

さあみんな、BBQがなんたるか、だんだんわかってきましたか。いよいよ仕込んでおいたスペアリブを持ってきていただきました。この塊で、4時間ちょっと焼いたもの。

「カットした薄いお肉で、焼肉のタレ味のBBQじゃなくて、全然違う本場の味を知ってほしい。本場は場所や流行りでも味がいろいろ違うけど、うちのはオリジナルのスパイスと、このBBQソースで味をつけてます」みんな、BBQのこと誤解してる。

ジャックダニエルの
BBQソース?

みんな、BBQのこと誤解してる。みんな、BBQのこと誤解してる。

ジャックダニエルって、ウイスキーのイメージでした。でも、BBQとの繋がりが深いみたい。このBBQソースもいろんな種類があって、アメリカではメジャーな商品なんだそうです。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。