体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本一アイスクリーム好きな県、実は食べない県が意外な結果に・・【ちょっと面白い都道府県ランキング】

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】日本一アイスクリーム好きな県、実は食べない県はどこ?
北から南まで47都道府県、小さな日本なのに風土、文化、方言、文化、県民性がそれぞれ違います。そして同じ日本人であっても、食の好み、考え方や気質、肌色、体型も異なりますね。

TABIZINEでは、各都道府県が持つ個性に着目し、「ちょっと面白い都道府県ランキング」をシリーズでお届けいたします。

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】日本一アイスクリーム好きな県、実は食べない県はどこ?
そろそろ夏が近づいて、アイスクリームが美味しい季節ですね。男女年齢を問わず、アイスクリームは誰でも大好きなスイーツ。大人でも、アイスクリームを目の前にするとニッコリと機嫌が良くなりますよね。

さて、47都道府県別ランキングで、一番アイスクリーム好きなのは、どこの県でしょうか。「都道府県別統計とランキングで見る県民性」のアイスクリーム・シャーベット消費量(2016年)の統計に基づいた結果を見てみましょう。私たちの予想を超えた、意外な結果が出ていますよ。では、第1位からご紹介いたします。

アイス消費量 第1位 石川県(2016年/一世帯年間10,480円)

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】日本一アイスクリーム好きな県、実は食べない県はどこ?
兼六園
写真提供:金沢市 

アイスクリーム好き全国第1位は、石川県でした。加賀百万石の城下町金沢は茶道が発達した町で、洗練された和菓子でも知られます。歴史の背景が影響するのか、石川県民はかなりの「甘党」。

チョコレート消費量ランキング(2012年) 第1位 
お菓子消費量ランキング(2012年) 第1位 
アイスクリーム・シャーベット消費量ランキング 第1位

過去まで遡ると、甘党3冠王に輝いています。

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】日本一アイスクリーム好きな県、実は食べない県はどこ?
観光客に人気の金箔アイス

アイス消費量 第2位 富山県(2016年/一世帯年間9,780円)

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】日本一アイスクリーム好きな県、実は食べない県はどこ?
五箇山合掌造り集落(新緑)
公益社団法人 とやま観光推進機構 

第2位は富山県。石川県と富山県と北陸地方が、トップ2を占めました。冬のイメージがある2県が、アイスクリーム大好き県なのは、何故なのでしょうか。

北陸でアイス人気の理由を、富山県在住ライターが解き明かす

不思議に思った筆者は、TABIZINEをはじめ広くご活躍中の、富山県在住のライター坂本正敬氏にアイスクリーム事情についてお伺いいたしました。坂本氏は、富山県の観光ガイドもされており、富山県はもちろん石川県にも精通されています。坂本氏に、両県がアイスの消費量トップ2の結果について見解をお伺いしました。仮説の検証として、他の都道府県のスーパーマーケットにおけるアイスクリームの販売事情をチェックしたわけではないので、あくまで現地在住者の体験からの見解になります。

【筆者(青山)】 今回は石川県と富山県が「日本でアイスクリーム消費量が多い」謎について、お伺いしたいと思います。冷たいデザートであるアイスクリームが、比較的寒いイメージのある北陸地方で食べられるのは何故でしょうか。良く北海道などで「寒い冬は暖房を効かせた部屋で、アイスクリームを食べるのがご馳走」と聞きますが、同様の習慣が根付いているのでしょうか。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。