体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モロカイ島のおすすめ観光スポット8選

皆さんはハワイ諸島のモロカイ島をご存知でしょうか?モロカイ島はハワイ諸島でも5番目に大きい島ですが、全長が61km、幅は最長で16kmしかないため、近隣の島から日帰り旅行で回ることができる比較的訪れやすい島です。

12月〜5月頃まではホエールウォッチングが見頃!動物や自然に囲まれたモロカイ島では、オアフ島とはまた違ったリラックス感を味わうことができます。

今回は、そんなモロカイ島へ旅行に行った際に訪れたい、おすすめの観光スポットをご紹介いたします。

 

モロカイ島とは

photo by pixabay

モロカイ島はオアフ島から南東に40kmほど先に存在する、東西に細長い島です。北東には世界最大の崖がそびえており、南側の沖合にはハワイ最長のサンゴ礁が広がっています。

フラが生まれた島でもあり、白い砂浜が美しいハワイ最大のビーチである「パポハク・ビーチ」では毎年フラのイベントが開催されます。

 

まだ誰も知らないハワイを探しに行こう

この記事では、TABIPPOのモノづくりブランド「PAS-POL」より発売された「365日ハワイ一周絶景の旅」のスポットを抜粋しています。

「こんな景色がハワイにあったんだ」
「次はどこに行こうかな」
それぞれの島が異なる表情を見せてくれる楽園、ハワイ。

何度訪れても知り尽くすことができないその本当の姿を伝えたくて。
ハワイ各地から365ヵ所の絶景を集めた、一冊の本をつくりました。

 

1.クミミ ビーチ

photo by norinori303/Shutterstock.com

カメハメハ5世ハイウェイから東に車を走らせると、金色の砂浜が目に入ってくる。遠浅で透き通った海と落ち着いた波は、シュノーケリングに最適。

モロカイ島で最も穏やかなビーチともいわれており、小さな子ども連れの家族もみんなでゆっくりと楽しめる。地元の人にも人気があるビーチなので、週末には多くのロコたちと混ざってバケーションを楽しもう。
■詳細情報
・名称:クミミ ビーチ
・住所:Kamehameha V Hwy, Molokai, HI
・アクセス:カウナカカイから車で40分

 

2.ケプヒ ビーチ

photo by Eric Broder Van Dyke/Shutterstock.com

以前はカルアコイ リゾート宿泊者向けのプライベートビーチだった場所だが、現在はパブリックビーチになっている。通年波は高めで、夏にはサーフィンやダイビング、ボディーボードを楽しむ人々で賑わう。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。