体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

寸法をスマホに転送!Bluetooth接続の自動測定メジャー「DataPro25」

この記事で取り上げるのはメジャー、物差しである。メジャーも近年はIoT化し、スマホアプリ連携の製品が登場している。

「DataPro25」も、そのひとつ。寸法を計る作業を、指ひとつで自動記録するというIoT製品である。本格的な業務から日曜大工まで、これひとつあれば大幅な効率化が望めそうだ。

寸法をスマホに自動転送

テーブルの寸法を計ってみよう。まずは長さを測定し、その数字を紙に書き込む。スマホに入力する手段もあるが、いずれにせよその際にメジャーから手を離さざるを得ない。それが作業に煩わしさを与えてしまう。

DataPro25なら、スイッチを押せばそのデータがスマホアプリへ転送される。接続はBluetooth。すべての寸法を測り終えるまで、終始その作業に集中することができる。

DataPro25自体は8mメジャーで、その外見は普通のメジャーと何ら変わりない。だが16分の1インチまでの正確さで、寸法を自動記録する。ただ、気になることがひとつある。専用アプリはAndroid版から着手しているようだが、これは今も開発途上のようだ。このアプリの拡張と、iOS版の開発はあくまでも「これから」らしい。

1台40ドルから

IoT製品だから、もちろんバッテリーが内蔵されている。容量は200mAh、連続40時間の使用が可能とある。

クラウドファンディング「Kickstarter」では、40ドル(約4400円)からの出資枠が設けられている。配送は今年9月を予定している。

建築士、家具職人、エンジニアの使用を見越したIoTメジャーであるが、このDataPro25の資金調達は正直順調とは言えないようだ。目標金額は2万5000ドル(約270万円)。だが期限残り21日の時点ではまだ3400ドル(約37万円)に留まっている。決して悪いコンセプトの製品ではないため、今後の資金調達の伸びに注目したい。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。