体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北欧ヴィンテージが集結する蚤の市「ARABIA 蚤の市」、doinelで開催

doinel_arabia-nominoichi_biotopebazaar_201804_01

biotopeのバザーも同時開催

2018年4月27日(金)から5月15日(火)まで、東京・表参道の「doinel(ドワネル)」にて、「ARABIA 蚤の市 / biotope bazaar」が開催されています。

フィンランドを代表する陶器メーカー・ARABIA(アラビア)社のアイテムを中心に、北欧ヴィンテージの雑貨類が揃う蚤の市。

店頭に並ぶのは、濃いブルーのハンドペイントが印象的な「Valencia(ヴァレンシア)」や、お米型の透かし彫りが施された白磁の「Rice(ライス)」といった人気シリーズから、グラス類や柄が楽しいプレートなど。どれも長く使い続けられるシンプルで機能的なデザインで、その美しさは、時を重ねても色褪せることがありません。

また、doinel の母体でありヨーロッパを中心としたインテリア雑貨類を扱う「biotope corp.(ビオトープ)」のバザーも同時開催。廃番品やサンプル品などを中心に、リネン類やテーブルウェアなどのインテリア雑貨を、お求めやすいお値打ち価格で提供します。

季節の変わり目にテーブルウェアを一新する、いい機会になるはずです。アイテムはどれも数に限りがありますので、気になる方はお早めにお出かけください。

ARABIA 蚤の市 / biotope bazaar

会期:2018年4月27日(金)~5月15日(火)

会場:doinel

詳細:http://doinel.net/news/arabia-蚤の市-biotope-bazaar

Writing:Akiko Okawa

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

101回目の「益子春の陶器市」! 500以上のブースが出店
目黒のジェオグラフィカでアンティークマーケットとセール、開催
「100年読み継ぎたい本たち」が英国アンティーク空間に出現

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。