体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

別世界を旅するような気分になれる、テーマパーク風体験型ショールーム

GWに! テーマパークのような体験型ショールーム
(C)sweetsholic

とにかく楽しい! 進化系の体感型ショールーム

千葉に創業64年のかねたや家具店が、生活を楽しくする住空間のトータルコーディネートブランド「ROOM DECO」を4月27日、幕張新都心店にリニューアルオープンします。季節ごとに著名人がプロデュースおよびトータルコーディネートを手がけた部屋がみどころとなっているんです。

GWに! テーマパークのような体験型ショールーム
(C)sweetsholic

九々野智小哲津(くくのち こてつ)さんを総合プロデューサーに迎え、「MOVIE(映画)」「ART(芸術)」「WONDERLAND(不思議の国)」「STUDY(学習)」の4つをテーマに、各界の著名人がエンターテイメント性溢れる空間に仕上げました。それでは早速、ご紹介していきましょう!

目を閉じれば、カリフォルニア! 砂浜広がる「MOVIE」

GWに! テーマパークのような体験型ショールーム
(C)sweetsholic

場所はアメリカ西海岸、ハリウッド・セレブのリゾート地をテーマにした「MOVIE」。映画コメンテーターの有村昆さんがプロデュースしました。リビングは、映像とBGMで西海岸を演出。

GWに! テーマパークのような体験型ショールーム
(C)sweetsholic

テラスにはチェアと砂浜を用意、開放感溢れる空間となっています。

GWに! テーマパークのような体験型ショールーム
(C)sweetsholic

リビングの隣には、10年後をイメージした未来のシアタールームが!

GWに! テーマパークのような体験型ショールーム
(C)sweetsholic

シースルーの幕をかけた巨大なスクリーンでは、本邦初公開のレーザーアニメーションが楽しめるんです! 「MOVIE」は映画好きにはたまらない、シネマティックな空間です。

ブルックリン派? ロンドン派? 旅する「ART」

GWに! テーマパークのような体験型ショールーム
(C)sweetsholic

「アート×都市」をテーマに、NYのブルックリンとイギリスのロンドンをイメージしたという「ART」。1939年創業の古書店・小宮山書店代表の小宮山慶太さんが担当しました。同店で販売している作品のなかから、新進気鋭アーティストの作品を住空間に合うようセレクト、ダイニングキッチンはブルックリンをイメージして洗練された印象に、ベッドルームはロンドンをイメージしてロックな印象に仕上げました。

GWに! テーマパークのような体験型ショールーム
(C)sweetsholic

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。