体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「問題だと思っている大体のことは問題じゃない」チャレンジのハードルを下げてくれた旅

この記事では、四角大輔さんとTABIPPOが一緒に作り上げた話題の新書籍、「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」の中から、旅のエピソードを抜粋して紹介していきます。

今回ご紹介するのは、起業家の菊地恵理子さんのエピソードです。

 

人生を追求する14人の「時代の疾走者たち」による原体験

thejourney_mini

自分らしい生き方をつくる「手段」として旅がある!「人生」を追求する14人の“時代の疾走者たち”による「原体験」としての「旅」のストーリーをまとめた一冊。「旅に出て人生は変わるのか?」をテーマに、高橋歩、山川咲、西野亮廣、村上萌×著者(四角大輔、TABIPPO)とのスペシャル対談も収録。

 

「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」は「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」の著者、四角大輔さんと長い時間をかけて一緒に作り上げた、話題の新刊であり「旅」と「生き方」をつなげる1冊となっています。

 

旅に出ると視野が広がり、自分がいかに狭い世界で生きていたかを思い知らされる時があると思います。

旅とは何か?自分はこれからの人生をどうやって生きて行きたいのか?この本を読んで今一度自分の心に問い掛ける時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

何かに挑戦する「ハードル」を下げることができた旅|菊地恵理子/起業家

 

LOVE & FREE.シンプルな人生を!

就活を終えて、「世界中の人の考えていることを知りたい!」と意気込んで出た一人旅。初めてモットーを聞いたのは、実は日本。憧れの旅人、高橋歩さんでした。

まっさらのノートを片手に講演会に行き、そのあとの交流会で「モットーを書いてください!」とドキドキしながら頼むと、歩さんは最初のページに「菊へ、LOVE & FREE !」と大きく書いてくれました。

革製のカバーとクラフト紙でできた渋いノートに、真っ黒のペンで勢いよく書かれた文字。「シンプルな人生を!」。歩さんの言葉と、無限のパワーに後押しされるように、私の旅は始まりました。

 

「What is your motto?」

勢いよく日本を飛び出した私は、まず韓国に行き、そこから中国に向かう船に乗りました。夜になり、甲板に出てみると 30 代くらいの中国人のお姉さんがいました。長くてサラサラの髪が夜風になびいて、とってもきれい。飾らない自然体の雰囲気がなぜかすごく気になり、声をかけてみることにしました。

「What is your motto?」。

「珍惜眼前的一切!」( 目の前のすべてが尊い)

すると彼女は、中国語でさらりと「珍惜眼前的一切!」と書いてくれました。「どういうこと?」と聞くと「目の前のすべてが尊い」という意味でした。「目の前のすべてのことを忘れたくないの。一生これを大事にしていたいわ」と。

その言葉を聞いて、心がぞくぞくと震えるようでした。1 秒 1秒の尊さについて改めて考えさせられる、当時の私にとっては衝撃の言葉でした。

 

一生残しておきたい! と思うような風景も、考えてみれば、それは変わらない毎日の生活があるからこそ。今まで疎かにしがちだったけれど、最高な瞬間をより最高に思うために、何気ない日々の光景が必要なんだと思えるようになりました。

モットーを聞いてから、本当にすべてのものに価値があるように思えてきたのだから不思議です。甲板で子どもたちが楽しそうに遊んでいる姿、おばちゃんが海を眺めている姿、韓国人のおじさんたちが飲んで熱弁している姿…この景色すべてにシャッターを押したい気分。

目に映るすべてが焼き付き、心に刻まれていきました。

 

「NO TIME FOR HESITATION !」(迷っている暇なんかない!)

世界中の人の考え方や大好きな言葉、大事にしていることを教えてもらったことで、私の中でも大切にしたい価値観が生まれました。私のモットーはこうです。「NO TIME FOR HESITATION !」(迷っている暇なんかない!)。

行動することでしか、経験や感情は得られない。次のアクションも生まれない。だから私は、飛び出すのに躊躇したくない。旅に出て、起こりうるすべてのことに意味があるんだとわかったから、もう杞憂はやめる。

「これからの私は、どんなときも、無駄に考えたり悩んだりするくらいなら、飛び込む方を選ぶんだ」と。

※続きが気になる方は販売中の書籍で!

 

全国850店舗で購入可能!

「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」は全国850店舗の他に、PAS-POLの公式サイトでも購入することができます。

販売店舗はこちらです。

今回ご紹介した菊地恵理子さんは、世界中の人に「モットー」を聞いて歩く旅を実現させました。それが今では今後の人生において、いつも菊池さんの背中を押す大切なものに変わったのです。

旅で得た経験や出会いは、今後の人生にどのように関わりどのようなメリットをもたらしてくれるか、計り知れません。ぜひ現地でしか体験できない旅をしましょう。

 

菊地恵理子さんのエピソードの続きが気になる方はこちらをチェックしてみてください。

bcf587d312906a6c9aa11d20b58014c4-800x1641

関連記事リンク(外部サイト)

ちょっと意外な姉妹都市5選
酸っぱい?辛い?雑巾の味!絶対に現地で食べたいアフリカ料理!
旅することは学ぶこと!旅と学問を繋ぐ人類学者5選
「語学の勉強はまるで呪文集め」4か月のニカラグア留学に聞く/MCコジマサトコさん

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。