体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。

ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。

らせん階段を上っていると、ときどき自分が今どこにいるのか見失います。

確かに上へと足を運んでいるはずなのに、永遠に目の前の階段が終わらないような、そんな想像をしてしまうことがあります。こうしたらせんの階段も、今じゃだいぶ珍しくなりましたよね。

写し出されているのは、無限

ブダペストに建つバウハウス、アール・デコ調のらせん階段を、上から下から撮影したフォトシリーズ「Time Machine」。どこまでもうねり続く階段を上り下りするときの、あの途方もない心境が、視覚となって現れてきませんか。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。 ひと口に“らせん”と言っても、写真にもあるとおりその形状は実に様々。フォトグラファーBalint Alovitsによると、すべてが1930年〜40年代に造られたものだそう。日常から一歩距離をおいたような、どこか物悲しささえ覚える景色。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。ラクしていては決して気づけない、「らせん」の美しさ。

世界の始まりの瞬間を、考えたことはありますか?

時間は、いつからそこにあったのでしょう。

宇宙が始まるずっと前から?

時間の始まりは、

そしてその終わりは、いったいどこにあるのでしょう。

永遠なんてないという人もいます。

すべては有限であると。

でも、「TIME MACHINE」と名付けられたこのフォトシリーズを見ていると、そもそも終わらないものとはなんなのか?なんて考えたくもなります。

まあ、それ自体だって錯覚のようなものなんでしょうけど。

 

Photographer:Balint Alovits
Facebookはこちらから
InstagramはこちらからLicensed material used with permission by Balint Alovits

関連記事リンク(外部サイト)

【夢占い】階段から落ちる夢の意味とは?階段を上る夢は運気UP!?
35年で11回引っ越してわかった、住まい選びのコツ
【ナニコレ登りたい】「天国への階段」があるらしい!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。