体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「DJI Tello」を画面が超明るいCrystalSkyモニタで操縦可能にする方法

人気急上昇中の高性能トイドローン「DJI Tello」で本格的な屋外 FPV フライトを実現するために CrystalSky モニタで DJI Tello を操縦できるようにしてみました。
この記事ではその方法をご紹介します。
基本的に、DJI Tello はスマートフォンを使って操縦しますが、スマートフォンの画面は特に晴れた日の屋外だと非常に見づらいものです。
そこで DJI から発売されているドローン用の高輝度タッチパネルモニタ「rystalSky」を活用することにしました。
rystalSky モニタは最大輝度 2,000 カンデラという、スマートフォンではあり得ないほど明るいモニタで、しかもこれは Android ベースの製品なので、「Tello」アプリが入手できれば実現は簡単です。
実際にそれは可能でした。
方法は Tello の APK ファイルを入手し、CrystalSky モニタに手動でインストールするだけです。
これで問題無く CrystalSky を使って DJI Tello を操縦できるようになります。
CrystalSky にアプリを追加する方法はいくつかありますが、簡単なのは WEB から入手したサードパーティのアプリストアを利用する方法です。
「Tello」アプリは APK Pure でも配信されているので、作業は簡単です。

■関連記事
NTTドコモ、データ通信量の少ない人向けの新データ定額サービス「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を提供
Googleアシスタントの「デフォルトのテレビ」設定でCastデバイスの操作が楽に
Google、Indie Games Festival 2018の投票結果を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。