体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

簡単にいうと、群馬の桐生がかなりアツい。

簡単にいうと、群馬の桐生がかなりアツい。

群馬県 > 桐生市

「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。
そんなふわっとした噂を聞きました。

群馬県の桐生といえば、1300年の織物の歴史がある、繊維のまち。仕事柄、昔から女性が家を出て活躍し「かかあ天下」のまちなんて言われたり。あとは、「KIRYU」と書かれた篠原涼子さんのファッション誌的ポスターが話題になったり。

にしても、イケてる人ってどういうことだろう……?
この謎は、桐生のお店をめぐってみたら、なんとなくわかってきた(気がする)んです。

桐生のまち巡り、スタート

まずは、繊維のまちということで。

1店舗目「RIPPLE YōHINTEN(リップル洋品店)」簡単にいうと、群馬の桐生がかなりアツい。

「リップル洋品店」は、月に7日間だけ開いている洋服屋さん。
ご主人が染色、奥さんがデザインや製作を手がけていて、7日間以外はずっと製作、国内外の展示会といったサイクルなんだそうです。

お店には、色んな色の洋服がズラリ。簡単にいうと、群馬の桐生がかなりアツい。簡単にいうと、群馬の桐生がかなりアツい。

もともとご主人は建築関係、奥さんは専業主婦だったそうで、洋服は独学。今年で9年目になるんだそうです。

「子どもが生まれたことがきっかけです。お家の中でできる遊びっていったらものづくりで。パンを作ったり、畑を始めたり、子どものおもちゃをつくったり。自給的な生活をしていくなかで、そのなかに洋服もありました。服って外に着ていくものなので、洋服屋さんに『ステキですね』って声をかけていただいたりして、それが仕事になりました。本当にご縁で広がっていって、という感じです」

簡単にいうと、群馬の桐生がかなりアツい。 桐生の縫い子さんたち5人と一緒に、一ヶ月につくる洋服は400〜500着。全部が一点もので、セールもなければ在庫も余らず、毎月違うものが並びます。お客さんは中学生もいれば、90代の方も。全国、時には海外からお客さんが来てくれて、“これ”と思ったものを各々のコーディネートで着てくれるんだそうです。流行で変わっていく洋服ではなく、長く着られるものが並んでいます。簡単にいうと、群馬の桐生がかなりアツい。

お二人は生まれも育ちも桐生。
せっかくなので桐生について聞いてみました。

「一緒にやってくださっている縫い子さんたちは、みんな桐生の方で、60代、70代。歴でいうと30年、40年とかになりますね。桐生の繊維産業を支えた方々です。もともとシャネルの縫製をされていた方とか、本当にもう、パリのコレクションに出すお洋服を作っていた方たちです。桐生って本当にすごいまちで、そんな技術を間近で見れるのは貴重です」

「僕らはそういうとこから洋服を始めたわけじゃないんですけど、やってみたらそういうまちで。勉強もできて、本当に洋服をつくりやすい環境にあるんだなって」

なるほどー。勉強になりました。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。