体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleアシスタントの「デフォルトのテレビ」設定でCastデバイスの操作が楽に

Google Hone のアプリに最近導入された「デフォルトのテレビ」設定を利用すると、Google アシスタントの音声コマンドで操作する Cast デバイスを固定することができます。
自宅やオフィスに Chromecast や Android TV 等の複数の Cast 対応デバイスがあると、Google アシスタントでは音声コマンドのたびに機器を言う必要がありましたが、今回の「デフォルトのテレビ」で機器を選択しておくと機器名を「テレビ」とするだけでよくなります。
頻繁に YouTube 等の動画をテレビで観ている人にとって機器名を言うのは面倒なものです。
それが単純かつ言いやすい「テレビ」に置き換わるのは操作スピードの大幅な向上に繋がります。
上図の例だと、Chromecast と「SHIELD」があり、「SHIELD」がデフォルトのテレビに設定されていることになります。
「デフォルトのテレビ」は Google Home アプリでいつでも変更できます。

■関連記事
NTTドコモ、データ通信量の少ない人向けの新データ定額サービス「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を提供
Google、Indie Games Festival 2018の投票結果を発表
「Alpha Cam」は最高のセルフィードローンかも

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。