体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NTTドコモ、データ通信量の少ない人向けの新データ定額サービス「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を提供

NTT ドコモは 4 月 27 日、毎月のデータ通信量が少ない人のために新しいデータ定額サービス「ベーシックシェアパック」と「ベーシックパック」を 5 月 25 日より提供すると発表しました。
ベーシックパックは月額 1GB で 2,900 円から、家族向けのベーシックシェアパックは月額 5GB で 6,500 円 から始まり、使用するデータ通信量に応じて 4 段階制で料金が変わるサービスです。
ベーシックシェアパックには法人向けの「ビジネスベーシックシェアパック」も同日より提供されます。
4 段階制とは言っても、少し使用するだけで料金が跳ね上がるということはなく、ベーシックパックの場合、1GB を超過したら次は 3GB(月額 4,000 円)、5GB(月額 5,000 円)、20GB(月額 7,000 円)に切り替わります。
ベーシックシェアパックの場合、5GB を超過すると、10GB(月額 9,000 円)、15GB(月額 12,000 円)、30GB(月額 15,000 円)に切り替わります。
上記の金額は、割引サービス等を適用しない状態のもので、実際にはもっと低い金額で利用できるでしょう。
なお、新プランの提供に伴い、「シェアパック 5 / 10 / 15」、「ビジネスシェアパック 5 / 10 / 15」、「データ S パック」、「データ M パック 」は 2018 年 5 月 24 日で新規の受付を終了します。
Source : NTT ドコモ

■関連記事
Googleアシスタントの「デフォルトのテレビ」設定でCastデバイスの操作が楽に
Google、Indie Games Festival 2018の投票結果を発表
「Alpha Cam」は最高のセルフィードローンかも

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。