体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美フォルムで人気の加熱式たばこ「グロー」にも周辺機器登場。『glo専用マグネット式充電スタンド』で置くだけ充電が可能に!

2016年春から日本に巻き起こったアイコスに代表される加熱式たばこブーム。従ってアイコス関連グッズは「ドン.キホーテ」などに行くとずらりと並んでいる。しかし美しいApple製品ばりのスマートデザインで人気のグローとなると、正直少ない。そんな中、登場したのが『glo専用マグネット式充電スタンド』だ。

スマートなルックスのグローだけに、充電スタンドも置くだけのシンプルさが好ましい!

現状日本で流通しているか熱式たばこは高温加熱式の「アイコス」(フィリップ・モリスジャパン)、「グロー」(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)と低温加熱式の「プルーム・テック」(JT)の3種類。たばこ感としてはアイコスが最強で、次にグローという順番。

「KENT」ブランドで展開していることもあって、女性人気も高い。しかしグローの周辺機器はというと、ケース・カバーにしても今回の充電スタンドにしてもアイコスに比べると非常に少ない。バッテリーチャージャー用だけでなくアイコスホルダーの充電器まで存在しているのはさすが

箱の中に入っているのはUSBケーブル付き充電スタンド本体と、グロー本体に装着する専用カバー。スタンドが不安定にならないように本体底面部につけるズレ防止用パッドも同梱されているのが親切だ

ずれ防止パッドを装着

そんな中、スマートなルックスのグローに最適化したような、置くだけ充電が可能なサンコー『glo専用マグネット式充電スタンド』(48×70×16mm/26g・希望小売価格 税込2,480円・発売中)。スマホ界ではクレードルとも言われることもある充電用のスタンドだ。

底面に専用カバーを取り付けるだけ

 

アイコス周辺機器では、端子がむき出しになっていて、そこにザクっと本体底面のMicro USB口にさすというタイプもあるが、デリケートな端子部分のことなので、壊さないように歪まないように気をつける必要がある。それがこの『glo専用マグネット式充電スタンド』はマグネット式で置くだけで可能なのだ。

 

 

専用カバーを装着することで置くだけ充電が可能になっている仕組み。カバーはつけっぱなしでも気にならない。

では実際に使ってみよう。

 

装着はいたって簡単。グロー本体下部のMicro USB端子の向きに注意してはめればいい。これを装着したからといって、そんなに違和感はない。ただ選べるのがグレー1色なので、珍しいカラーリングのグロー所持者なら、少し気になるかもしれない。一度はめるとガチッとくっつく。基本的には装着したままがおすすめだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。