体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

騒音に合わせて音量を自動調整する斬新音楽デバイス「novo」

電話で話している時、周りの騒音がうるさくて上手く聞き取れない。あるいは、イヤホンで音楽を聴いている時に誰かに声をかけれたが、気づかなかった。そういう経験は誰にもあるだろう。

この記事で紹介するのは、周囲からの音に合わせて自動で音量を調節するオーディオデバイス「novo」である。

状況に合わせて音量を自動調節

novoの設置は非常に簡単。スマートフォンを含めたオーディオプレーヤーと有線イヤホンの間にはめる。それだけだ。

この製品は、2通りのモードを用意している。「ブーストモード」と「リデュースモード」だ。前者はスマホで通話をしている際、周囲からの騒音があれば音量を自動で上げてくれる。後者はその逆で、誰かの呼びかけに答えられるよう音量を下げる。

リデュースモードに関しては、もう少し状況解説が必要だろう。たとえば、ヘッドホンを使ってタブレットで映画を観ていたとする。場所は自宅。すっかり映画に没入している中、自宅のインターホンが鳴った。そういえば、今日は注文していた荷物が届く日だった。

この時にnovoを設置していれば、インターホンが鳴り響くと同時にヘッドホンからの音量が下がっていく。配達業者に限らず、同じ部屋にいる赤ちゃんが泣き出した時も同様だ。「ヘッドホンのせいで周囲の状況変化に気づかなかった」ということは、これでなくなる。

ながらスマホは厳禁!

だが、何事も過信してはいけない。これはMakuakeのキャンペーンページにも書かれているが、ジョギング中にいきなり車のクラクションを鳴らされても確実に対処できる、という仕組みにはなっていない。従って、スマホで音楽を聴きながらの自転車走行などはやはり危険を伴う。

novoは現在、3980円からのプレオーダーを実施している。

Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。