体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本で一番晴れの日が多い県ってどこ?旅の計画の参考にも!【ちょっと面白い都道府県ランキング】

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】ナンバーワンの日本晴れ県ってどこ?
四万十川 高知県
(C)公益財団法人高知県観光コンベンション協会 

北から南まで47都道府県、小さな日本なのに風土、文化、方言、文化、県民性がそれぞれ違います。そして同じ日本人であっても、食の好み、考え方や気質、肌色、体型も異なりますね。

TABIZINEでは、各都道府県が持つ個性に着目し、「ちょっと面白い都道府県ランキング」をシリーズでお届けいたします。

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】ナンバーワンの日本晴れ県ってどこ?
旅へ出る時、気になるものといえば「旅先のお天気」。指折り数えて楽しみにしていた旅行ですから、良いお天気を期待したいもの。雨が降る旅も情緒がありますが、行動が限られてしまいますね。過去の旅行で、「ああ、お天気だったら良かったな」と雨天を恨めしく思ったことが、あなたもあることでしょう。美しい旅先の景色も、晴れていてこそ写真映りが良いものです。

そこで今回は、「晴れが多い県」のトップ4をご紹介します。旅行先で晴天を期待したいあなたは、「晴れが多い県」を選ぶと良いかもしれませんよ。統計は、「都道府県別統計とランキングで見る県民性」の年間晴れ日数(2010年)を参考に「気象庁 各種データ・資料」に基づいています。

第4位 高知県 245.1日(年間晴天日数)

最高気温41度を記録
【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】ナンバーワンの日本晴れ県ってどこ?
四万十川 高知県
(C)公益財団法人高知県観光コンベンション協会 

「晴れが多い県」の全国第4位は、四国の高知県でした。年間245.1日晴れですから、1年間を365日として約67%晴れですね。高温多湿でもあり、2013年8月には日本最高気温41度(高知県江川崎)の記録を出しています。晴れが多いのですが、台風の上陸数が鹿児島県に続いて多いため、天気が荒れることも多いですので台風時期は注意。

日本最後の清流といわれる、四国最大の川「四万十川」。高知県を訪れるなら、晴れた日の「四万十川」を見てみたいものです。

四万十市観光協会

住所:高知県四万十市他
電話:0880-34-1555
公式サイト:http://www.shimanto-kankou.com

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】ナンバーワンの日本晴れ県ってどこ?
柏島 大月町 高知県
(C)公益財団法人高知県観光コンベンション協会 

清涼感の溢れる、目の覚めるようなクリアブルー。ここが日本だとは思えないような、四国西南端にある「柏島」。美しい海には、世界中の1/3の魚種が生息しているともいわれ、世界有数のダイビングスポット。透明度の高い海に惹かれ訪れた人は、誰もが美しさに感動するとか。島は橋が架けられているので、陸路で移動できます。

柏島

住所:〒788-0343 高知県幡多郡大月町柏島
公式サイト:
大月町 http://www.town.otsuki.kochi.jp/
高知県 竜ヶ浜キャンプ場 http://ryugahama-camp.net


柏島1/大月町公式

気象庁

高知県 週間天気予報 http://www.jma.go.jp/jp/week/344.html

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】ナンバーワンの日本晴れ県ってどこ?
カツオのたたき 高知県
(C)公益財団法人高知県観光コンベンション協会 

高知県のグルメの代表格といえば、カツオですね。高知県人は、全国一のカツオの消費量を誇る、カツオ好き。新鮮なカツオの身の表面を炙り、ネギやみょうがをたっぷり添えて食べる「カツオのたたき」が一番人気。高知県民イチオシは「藁焼きタタキ」。藁で炙ったカツオのタタキは、藁の香りでカツオの旨味を引き立てます。

■藁焼きタタキが食べられるお店

藁焼き鰹タタキ 明神丸 
http://myojinmaru.jp/

土佐タタキ道場 
http://www.tataki.co.jp/tenpo.htm

第2位 徳島県 245.9日(年間晴天日数) (同率第2位)

晴れた日に鳴門の渦潮上を渡りたい
【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】ナンバーワンの日本晴れ県ってどこ?
鳴門の渦潮 徳島県
(C)徳島県・(一財)徳島県観光協会 

「晴れが多い県」の全国第2位は、四国の徳島県でした。年間245.9日が晴れです。

世界三大潮流の「鳴門の渦潮」。徳島県を訪れたなら、ぜひ訪れたいスポットです。「大鳴門橋遊歩道 渦の道」は、渦の上を海上散歩出来る遊歩道。晴れた日に散歩しながら、鳴門の渦潮を見てみたいものです。渦潮発生の時間は毎日異なるので、事前に「潮見表(満潮、干潮)」を確認の上、お出かけくださいね。

大鳴門橋遊歩道 渦の道

住所:〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)エディより徒歩3分
電話:088-683-6262
入場料:大人510円
公式サイト:https://www.uzunomichi.jp

【ちょっと面白い都道府県ランキング特集】ナンバーワンの日本晴れ県ってどこ?
えびす洞 徳島県
(C)徳島県・(一財)徳島県観光協会 

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。