体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”です

ラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”です

「明日の朝ごはんどうする」

「なんか、美味しくて体に良いものかなぁ」

「体に良いものかぁ……。よし、じゃあ、アレにしよう」

「なに?」

「ラーメン」

「エッ! 朝ごはんに!?」

「そう」

ラーメン食べに
朝からつくば!

ラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”です

そんなわけで、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。

向かって左に麺の販売コーナーがあり、右側に“こちらは有料試食コーナーです”と書かれたイートインスペースらしきものがあります。ラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”ですラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”です

注文は、奥のカウンターで。お金もここで支払います。席について少し待つと呼ばれるので、自分で取りに行きましょう。チャーシュー麺にも惹かれつつ、ここはあえての「らーめん500円」。

いただきます。

ラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”ですらーめん 500円 はい召し上がれ。フーフーしてな!ラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”です

麺が、朝日を浴びて輝いております。キラキラ……。スープは魚介だしのあっさり系、そこにもちもちの太縮れ麺。具は、シンプルにねぎのみです。

店内に、こんなことが書かれた張り紙も見つけました。

松屋製麺所のらーめんセットは…。

 

1、美味しい

手打ち式製麺なので、もちもち、つるつる。国産小麦使用で香りも抜群。

 

2、体に良い

麺は小麦粉、塩、かん水のみ。スープも無化学調味料。

 

3、御自宅で簡単に調理できる

麺を鍋で茹でれば出来上がり。スープもインスタントタイプなので茹でる時のお湯でも大丈夫。

 

4、手頃な価格

 

ラーメンだけど、体に良い。脂っこくない。だから、朝ごはんに食べられるのです。いわゆる“朝ラー”ってやつね。というか、お店は基本的に18時までだけど、試食コーナーはお昼すぎくらいには売り切れで閉まることが多いみたいなんで、朝に行ってください。むしろ朝。あえて朝。

……ん? というか、張り紙の冒頭に「らーめんセット」って書いてありますね。

うちは“ラーメン屋”ではありません

ラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”ですラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”です

はい、そうでした。松屋製麺所、ここ、ラーメン屋さんではなくて“製麺所”。つまり麺を作ってラーメン屋さんに卸しているところ。

「だから本格的にラーメン屋をやったら、ライバルになっちゃうでしょ(笑)。うちはあくまで裏方です」

と、店長の川村さん。でも、ちょっとわかりづらいかなって思って、店の中に試しに食べてもらえるスペースを作ったんだそうです。ラーメン屋じゃない。つくばにある製麺所の“試食コーナー”です
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。