体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今、知っておきたい宗像のパワースポット

今、知っておきたい宗像のパワースポット ANNA SUIや東京ガールズコレクションなどで多くのデザインやイラストを手がけるイラストレーター兼デザイナーの小石川ユキさんが、福岡県宗像市をこんな風に描きました。今、知っておきたい宗像のパワースポット「海を渡る宗像三女神」 Licensed material used with permission by 小石川ユキ今、知っておきたい宗像のパワースポット「宗像大島に伝わる七夕伝説」 Licensed material used with permission by 小石川ユキ今、知っておきたい宗像のパワースポット「森の中の宗像三女神」 Licensed material used with permission by 小石川ユキ

かわいいですよね。
一枚目で海を渡っているのは、天照大神(あまてらすおおみかみ)の娘たちである「宗像三女神」、二枚目に描かれているのは宗像の大島が発祥といわれている七夕伝説の織姫と彦星です。

ここからもわかるように、宗像市は神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。

今回は、2017年7月に世界遺産に登録された今だからこそ、おさえておきたい宗像市のパワースポットを紹介します。

01.
神宿る島にある
「沖津宮」

今、知っておきたい宗像のパワースポット沖津宮 今、知っておきたい宗像のパワースポット遠くから見た「沖ノ島」全景

三つの「宮」からなる宗像大社のひとつ、玄界灘沖に浮かぶ沖ノ島にある「沖津宮(おきつみや)」です。ここには、宗像三女神の長女・田心姫神(たごりひめのかみ)が祀られています。これまでに、島全体から8万点にもおよぶ国宝が出土しており、別名「海の正倉院」とも。かつて、日本と朝鮮半島の交易が栄えた地でもあります。

原則として立ち入りが禁止されているなど、今でも厳しい掟が守られています。島全体が、信仰の対象となっている神聖な島なんです。

※「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

02.
七夕伝説発祥の地
「中津宮」

今、知っておきたい宗像のパワースポット

福岡県最大の島である大島にある「中津宮(なかつみや)」宗像三女神の次女・湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られています。境内からは海を見渡すことができ、鳥居も海向き。海への深い信仰が感じられます。

また「中津宮」は、七夕発祥の地ともいわれ、境内には天の川が。また、川をはさんで牽牛(彦星)と織女(織姫)をお祀りする神社もあります。旧暦の7月7日に近い8月7日には盛大に「七夕祭」が開催されます。

※「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

03.
沖ノ島を見ることができる
「沖津宮遙拝所」

今、知っておきたい宗像のパワースポット
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。