体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Melbourne Art Book Fair Report -Book & Zine Selection- by commune

IMG_3778

オーストラリアはヴィクトリア州のヴィクトリア国立美術館 (National Gallery of Victoria; NGV)で開催されたメルボルンアートブックフェア(Melbourne Art Book Fair)2018にて見つけたブックやzineをcommuneがご紹介!

MyMumWentToEMB

「My mum went to EMB」
Max Olijnyk

メルボルンのカルチャーシーンに深く関わり、現在はニュージーランドに家族と共に移住し物書きを目指して大学に通っている アーティストMax Olijnyk。母親がサンフランシスコに旅行に行くというのを耳にし、自分が行けない代わりに憧れのスケートの聖地 エンバカデロ(Embarcadero)にほんの少しでいいから行ってみてくれと頼み込んだ15歳の少年 Max。実際母親は一人でエンバカデロに出向き、Maxも予期せぬ大胆な行動に出たのであった。後の伝説的スケーター スコット・ジョンストンやカール・ワトソンの若き姿も。昨年急逝した仲間のシャノン・マイケル・ケイン(NY / LA Art Book Fairオーガナイザーの一人)に捧げる一冊でもある。Ed Davis(Brain Dead)、Rob Cordiner、Todd Jordanが運営するHeavy Time BooksとMaxによるFreddo Booksの共同リリース。

Heavy Time Books https://www.heavytime.com/
Freddo Books http://www.freddobooks.com/

DeadSkinMask

「DEAD SKIN MASK」
Tim Coghlan

謎のコネクションで幅を利かすメルボルンのパブリッシャー KNOWLEDGE EDITIONSから主宰 Tim Coghlan責任編集、最新作にして最恐のzine「DEAD SKIN MASK」。恐ろしい(?)マスクをつけた人々が取り憑かれたようにポーズを決めるその姿に息を呑むこと必死。マスクの副作用で裸になる者、そしてNYのレコードレーベル ArcaneのEdgarもマスクの餌食に。ここだけの話、マスクはメルボルンのDAISOにて購入。単なる企画ものとはいえ、Timのために(ナイフまで持ち出す者など)こぞって本気を出してマスクのキャラクターを演じきる友人たちの愛、ユーモアに対する連帯感に涙する。

KNOWLEDGE EDITIONS https://www.instagram.com/knowledge_editions/

TarlabasıVsGezi

「Tarlabaşı vs Gezi」
Sila Yalazan

南アフリカ ケープタウン在住のヴィジュアルアーティスト Sila Yalazan自身初の作品集となる「Tarlabaşı vs Gezi」。2013年トルコ反政府運動状況下や、タルラバシ郊外にあるクルド人居住地の愛らしい子供たちの日常が記録されたドキュメント写真集。荒廃した街並みとは対照的に、仮面を被り髪を振り乱しながら無邪気に遊ぶ子供たちや、凛とカメラを見つめる子供たちの姿に未来への希望を見出す。作家 S.T. Loreによるエッセイ「Storm Gods of Syria」(英語)も収録されている。メルボルンのグラフィック・デザイナー Tim Coghalan主催のパブリッシャー KNOWLEDGE EDITIONSからリリース。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。