体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界にただ1つのトロフィーがやってきた!「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」

世界にただ1つのトロフィーがやってきた!「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」

 2018FIFAワールドカップ ロシア大会の開幕が近づく中、一足先に世界中のサッカー選手が獲得を目指すFIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーが、この日本にやってきました。とても貴重なこの機会を体験してきました。(取材:咲村珠樹)

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 コカ・コーラ社とFIFAの90年以上にわたるパートナーシップによって実現した「コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー」。7月に優勝国に授与されるFIFA ワールドカップのオリジナルトロフィーを世界中のファンに間近に見てもらおうという世界規模のビッグイベントです。

 2006年の第1回から日本でも開催され、回を重ねるごとに大きな反響を呼んでいますが、今回は日本開催初の試みとして、東京と大阪に続く、日本で最後の訪問地を一般投票で選ぶ「FIFA ワールドカップ オリジナルトロフィーを呼ぼう」キャンペーンを実施し、3つの候補地の中から静岡県静岡市清水区が選ばれました。

 2017年9月、開催国であるロシア国内16都市での巡回から始まったこのツアー。2018年1月からは世界6大陸、51か国91都市を巡回しています。全飛行距離は約15万2000km、地球約4周分に相当します。世界中を巡ってきたトロフィー最後の訪問地となったのが日本(51か国目)。2018年4月27日に専用機が羽田空港に到着し、翌4月28日に東京の日本コカ・コーラ本社で一般公開が行われました。

 2018年3月5日~4月23日の期間に実施された、スマホアプリ「Coke On」でのキャンペーンで当選した東京・大阪各3000組6000名が、この貴重な機会をゲット。なにしろFIFA ワールドカップに出場する代表選手さえ、実物を間近に見る機会はほとんどありません。ワクワクを押さえつつ会場へ。

 1階ロビーにはネイマール選手(ブラジル)、クリスティアーノ・ロナウド選手(ポルトガル)、メッシ選手(アルゼンチン)、そして日本の香川選手といった有名選手のパネルが設置され、記念撮影ができるスポットや映像コーナー、AR合成で選手と写真撮影できるスポットなどがありました。



 そして気になるワールドカップのオリジナルトロフィーは2階です。並んで順番を待つ参加者たち。ついたての向こうに、世界中のサッカー選手が手にしたいと憧れるFIFA ワールドカップのトロフィーの実物があります。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。