体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【赤ちゃん連れのドライブ】車内グズグズを回避する“ちょっと”の工夫!

【赤ちゃん連れのドライブ】車内グズグズを回避する“ちょっと”の工夫! akachandrive

車で出かける赤ちゃん連れの旅。周囲への気兼ねがいらない分、公共交通機関より比較的ラクですが、いったん赤ちゃんのグズグズが始まると、いつもとは違う環境にパパもママも戸惑いがち。今回は、車内のグズグズを回避するために知っておきたいアイデアや便利グッズをご紹介。出発前の荷造りや車内での荷物の仕分け方、運転中の車内環境作り、休憩時のポイントなど、長距離運転のコツを伝授します。赤ちゃん連れドライブがもっと快適になる、神アイテム&神アプリも必見です!

記事配信:じゃらんニュース

パパの活躍次第で旅先までの車内の楽しさが激変!

荷物をたくさん載せられて、周囲を気にせず家族だけで過ごせる車は、ベビ旅の強い味方。そのロングドライブをより快適にするために、パパの活躍は欠かせない!事前に渋滞回避できる道を調べたり、こまめに休憩をとったりすれば、赤ちゃんのグズグズ率も大幅ダウン。「移動が長くて大変…」から「今日のドライブは楽しいね♪」へ、家族みんなの気持ちもシフトチェンジするはず。今回はロングドライブ初心者ファミリーの旅行に密着取材し、ママも赤ちゃんも笑顔になる5つのSTEPを紹介。車内を快適にするアイテム&アプリもお見逃しなく!出発前の準備編赤ちゃん連れへのサービスや施設が充実しているサービスエリア(SA)でリフレッシュ出発前の準備編\花村ファミリー/ 謙太朗パパ・綾ママ、龍之介くん(1歳9カ月)

今回、ロングドライブを楽しんでもらう親子は…

お出かけ大好き、神奈川在住の3人家族。マイカーは持っておらず、レンタカーか列車移動が基本。龍之介くんと一緒に長野へ旅行に行くなど、子連れでの長距離ドライブ体験は今回で3回目

Step 1

出発前の準備編

連休中など、渋滞しやすい日に出かけることもあるベビ旅。悪路や大渋滞する場所を避けるなど、パパが前日までにリサーチ&コース作りをしておくと、当日がラクに♪

例えば、連休に行く旅行の「新宿から箱根まで」のコースは?

出発前の準備編

一般道利用がより快適なベビ旅になる場合も。

高速道路の渋滞予測サイトで、ある連休中の東名高速道路の情報を調べると大和トンネル付近で20kmの渋滞予想!ならば一部一般道を使い、渋滞回避するのもひとつの手。一般道ならすぐコンビニに寄れるなど、赤ちゃんに何かあった際も停車しやすい。

Step 2

出発直前編

出発直前、ママは赤ちゃんの身の回りの準備で大忙がし。荷物の積み込みは、パパが率先して行いたい。ママと赤ちゃんが快適になる荷物の仕分け方など、キラリと光る気遣いを伝授!

冷暖房は事前にパパが付けておこう。

出発直前編

夏のチャイルドシートは思いのほか熱く、冬は冷たい。事前に車内の温度を適温にし、「子どもの背中がいつの間にか汗だくに!」という状況を回避。

荷物の上手な仕分けが、後の快適ドライブを生む!

出発直前編

パパの私物やCD、勝負おもちゃなどを助手席まわりに。

助手席には、パパの荷物や運転中にかけるCDなど、パパがよく使うものを。勝負おもちゃなど赤ちゃんの目に最初から触れさせたくないものは、助手席ダッシュボード内などに。出発直前編

助手席に荷物を置くのは違反?

運転者の視界や操作を妨げる大きな荷物を助手席に載せるのはNGなので、助手席下へ。重い荷物はシートベルトで固定し、シートベルト警告音が鳴るのを防ぐ。出発直前編

後部座席は一番のキモ! 車内で即必要な物を。

後部座席はいわばママのコックピット。シートベルトをしていても手の届く範囲にウェットティッシュや赤ちゃんの飲み物、ごみ箱を。ティッシュホルダーやコンテナなどで置き場所を整理。

○コンテナのようなカッチリした物入れに、小物をまとめておくと取り出しやすい

○ティッシュはすぐ取れる位置に出発直前編
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。