体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

群馬県大泉町出身の友人(地元愛強め)が、昔からよく、「地元がブラジルっぽい」みたいなことを言っていました。近所にブラジル人が多いとか、サンバをよく見るとか、給食に「フェイジョアーダ」が出る、だとか……。話を聞いているうちに、いわゆる“◯◯っぽい場所”とは、ちょっと一線を画しているなと思いはじめたわけです。

そんなこんなで、私の中で、大泉町は、群馬県ガイドをつくる上ではずせない場所となっていました。今回は3スポットをご紹介。“ブラジルっぽさ”をお伝えしたいと思います。

01.
もとはブラジル人のためにオープン
「レストランブラジル」

日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

黄色と緑の派手な外観が目を引くコチラは「レストランブラジル」。「孤独のグルメ」でも取り上げられ、ご存知の方も多いと思いますが、大泉町で最初にできたブラジル料理レストラン。オープンは1990年です。

ちょっとドキドキしながら中に入り、さっそくオーダー。
まずは、ブラジルで人気だという牛イチボの串焼き「エスペトン・デ・ピカーニャ」(300g 1460円〜)から。日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

イチボは牛のおしりの部分、一頭から2.2kgしかとれない希少部位です。
にしても、シュラスコ、迫力満点!そして、どっからどうやって食べたらいいんだろう……って戸惑う感じも、異国感。日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

左手にトング、右手にナイフでザクザク切っていただきます。赤身が多いそうですが、柔らかくて食べやすくて、ペロッといけました。

お次は「フェイジョアーダ」(単品 1030円)。友人が、給食に出てきていたと言っていた、“茶色い豆”の食べ物です。
私的に、これ、結構謎に包まれていたのですが……。日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

見た目はビーフシチュー、いや、ぜんざいの方が近いです。
こちら、ブラジルの伝統料理。茶色豆の煮込み料理で、ソーセージ2種をはじめ、豚の耳、牛ランプなど7種類のお肉が入っています。食べ進めていくと、変わった形のお肉が次々と出てきて面白いです。そして、味わい深い。日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

店長の岩田さんは三代目。
もともとはご両親のご友人がはじめられたお店。当時は完全に、ブラジル人のための、本格ブラジル料理専門店だったそうです。

「1990年頃、スバルやパナソニックの工場で働くために多くのブラジル人が大泉町にやって来ました。けど、ブラジル人がなかなか和食に馴染めなかったという経緯があって始めました。最初は99%がブラジル人のお客さん。たぶん日本人には入りづらかったんだと思います(笑)。徐々に口コミで広まったり、2014年のW杯、2016年のリオデジャネイロオリンピックを経て、日本人のお客さんが増えていきました。メニューを日本語にしたり、説明を加えたり、整えて、今ではブラジル人と日本人のお客さんは半分半分くらいです。」

ランチタイムは11時〜15時。これ、時間幅が広いのは、両方のお客さんに対応した結果なんだそうです。日本人は12時〜13時にピークがきて、ブラジル人はそのあと。夜ご飯も同様、ブラジル人が遅め。より、ブラジル感を味わいたい人は、時間を外して行くのがいいかもしれません。

02.
ブラジル一色!
「アソーゲタカラ 太田店」

日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所 こちらは「レストランブラジル」から車で5分ほどの場所にある「アソーゲタカラ 太田店」。国旗がいたるところに掲げられていて、ブラジル感を感じながら中へと入ります。日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所 日本のスーパーとは違ったビビッドな風景、見慣れない商品、飛び交う外国語……。思っていたよりブラジルで、テンションが上がります。日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

中でも肉の品揃えはスゴい!
人気があるのは、生ウインナーや牛ランプなどの肉製品なんだそうです。

店名の「アソーゲ」は、精肉店の意味。「アソーゲタカラ」のはじまりも20年以上前のこと。大泉町にやって来たブラジル人が言葉の壁、食文化の違いに困っていたことがきっかけでオープンしたんだそう。もともとはお肉屋さん。そこから派生してグロサリーも扱う現店舗の形になりました。現在では、ペルー、ベトナムなど、できる限りの海外製品を扱っているそうです。日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所

ちなみに、こんな子豚を発見しました。

……!

沖縄の市場で豚の頭が飾ってあったのは見たことがありますが、日本のスーパーにはない光景です。

見渡す限り、初めて目にするものばかり。
新鮮で、いるだけでも楽しい空間でした。

03.
駅までブラジル
「西小泉駅」

そして、極めつけがコチラ。
群馬のブラジルへの入り口、東武鉄道小泉線の終着駅「西小泉駅」です。日本にいながら、ブラジル旅行ができる場所Photo by 群馬県

おもしろい(笑)。アクセントに、黄色や緑が使ってあって、シンボルサインにはブラジルの鳥「トゥカーノ」が。
見事です……!

大泉町は聞いていた以上に
ブラジルだった!

大泉町のHPによると、現在、大泉町の人口の20%近くが外国人。その多くをブラジル人が占めています。そして、今回ご紹介した3スポットのほかにも、大泉町には、ブラジルに関係があるお店がたくさん存在します。

“日本にいながらブラジル感を味わえる”。
この表現は、決して過言ではないな、と思いました。

「レストランブラジル」
住所:群馬県邑楽郡大泉町
TEL:0276-62-0994
営業時間:平日11:00〜15:00LO、17:30〜22:00LO
土日祝日12:00〜22:00LO
定休日:水曜日

●「アソーゲタカラ 太田店」
住所:群馬県邑楽郡大泉町坂田3-12-10
TEL:0276-61-0201
営業時間:10:00〜20:00
定休日:火曜日

●「西小泉駅」
住所:群馬県邑楽郡大泉町西小泉4-31-10

Photo by JAPAN LOCAL取材協力:群馬県

関連記事リンク(外部サイト)

ちょっと意外…。ブラジルでコーヒーを頼むと出てくるものとは?
日本人の感覚に似た、ブラジルの「おもてなし」に驚いた。
群馬に行ったら、絶対に「すき焼き」なワケ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。