体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google Playストアのアプリで定期購入の支払いオプションがカスタマイズ可能に

Android デバイスの機能を充実させていくには欠かせない「Google Play ストア」の Android アプリで最近実施されたアップデート内容をまとめてご紹介します。
まずは、定期購入オプションの充実化が図られたことです。
具体的には、支払い方法を後から変更したり、メインの支払い方法とメインで決済できない場合に利用する予備の支払い方法を設定できるようになりました。
定期購入の管理は、Google Play ストアの「定期購入」メニューから各アプリの「管理」ボタンをタップして行います。
次は、アプリの軽量版を紹介する機能の追加です。
例えば、Facebook には Facebook Lite というアプリサイズの小さい簡易版が存在していますが、フルバージョンのアプリページに軽量版へのリンクが表示されます。
最後は、コアサービスアプリを紹介する機能です。
Android アプリの中には機能を利用するのに別のアプリが必要になることがあります。
その例は ARCore です。
まだ ARCore の本体をインストールしていないのに、ARCore に対応したアプリページを開くと、ARCore 本体へのリンクが表示されます。

■関連記事
GoProのムービー作成アプリ「Quik」の自動トリム機能がグレードアップ
タフネスタブレット「CAT T20」がCloveで発売
AbemaTVのAndroidアプリに追っかけ再生機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。