体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【革命的グルメ】金正恩のお土産「平壌冷麺」を食べてみた / おそらく世界で一番美味しい冷麺

pyongyang-reimen3

金正恩が軍事境界線を越え、韓国国内に徒歩で入ったことが大々的に報じられていますが、その際に韓国大統領にお土産として持参した「平壌冷麺」は、北朝鮮を代表する絶品料理のひとつです。その美味しさは、日本はもちろん、韓国でも再現できないと言われるほど。

・玉流館も安山館もほぼ同じクオリティ
平壌市内には美味しいといわれている平壌冷麺の名店が複数ありますが、玉流館や安山館が特に人気で、なかでも安山館は金正日が1980年代に営業を開始させた有名店です。ちなみに、玉流館も安山館もほぼ同じクオリティの平壌冷麺が出されます。

pyongyang-reimen6
pyongyang-reimen7
pyongyang-reimen8

・濃いダシがきいている
平壌冷麺の特徴は、きわめて細い麺、きわめて弾力のある麺、きわめて薄味のスープです。薄味といっても「味が物足りない」というわけではありません。余計な調味料は使用せず、濃いダシがきいているのです。

・食べながら自力で切る
北朝鮮では、麺をハサミで切ることはしません。現地人によると「縁が切れることを意味するからきりません」とのこと。韓国ではバッサリと切るそうですが、北朝鮮では切らないようです。

しかしこの麺、かなりの弾力。ハサミで短くしないで食べるには、食べながら自力で切るしかありません。また、平壌冷麺は食べる前にしっくり具と麺とスープを混ぜて食べます。

pyongyang-reimen2
pyongyang-reimen5
pyongyang-reimen3
pyongyang-reimen4
pyongyang-reimen
pyongyang-reimen1
pyongyang-reimen5

・日本では食べられない味
日本は世界でもとくグルメな国と言われています。イタリアより美味しいイタリアン、フランスより美味しいフレンチがあるとも言われています。しかし、どうしてこの平壌冷麺と同じクオリティの冷麺が日本では作れないのか。不思議でならないです。

北朝鮮と日本は国交がないため、渡航する機会はあまりないかもしれませんが、もし行くことがあれば、必ず平壌冷麺を食べてみてください。美味しすぎてショックを受けると思いますよ。

もっと詳しく読む: 金正恩のお土産「平壌冷麺」を食べてみた / おそらく世界で一番美味しい冷麺 http://photrip-guide.com/2018/04/27/pyongyang-reimen/

Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。