体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結局痛いのか、痛くないのか!? 3人目の出産でいよいよ無痛分娩を体験。その結果は…!? by とけいまわり

f:id:akasuguedi:20180425085022p:plain

出産とは、未知との戦い…

破水も陣痛も何も分からず、ノープラン、ノー知識で望んだ長女の出産。

何故か「水に浸かっていたら痛みを感じないのでは…」と、陣痛が始まったときにずっと自宅のお風呂に浸かって現実逃避をするためにスラムダンクを読みふけった長女の出産…。

「ヨガの呼吸法をしたら痛みがありませんでした…!」というネットの情報を信じ、肺の息をすべて吐き出すという呼吸法で望んだ次女の出産。(経産婦だからかどうか分かりませんが、痛みは和らいだような…気も…)

余り考えすぎなかったためか特に不安も抱かずに長女と次女の出産に進んだのですが、何故か末っ子の出産だけは「…どうしよう…!!!」と心配になり、ネットで情報を集めまくる日々…

今回は、末っ子の無痛分娩の話です。

とにかく、「痛みが少ない出産を…!」と必死になって無痛分娩ができる産院を探しました。

f:id:akasuguedi:20180425085100p:plain

麻酔なんて全然効かなかった…という話も聞きますが、私の場合麻酔がバッチリ効いて、陣痛中もほとんど痛みを感じず、ただただ漫画を読んで待っていました。

f:id:akasuguedi:20180425142853p:plain

いよいよ子宮口も開いてきたのですが、一向に痛みもなく、いきみたい気持ちも出てこず…。 関連記事:あれ?麻酔で力が入らない・・・!イキめずパニックになりかけた、無痛分娩出産記 by さとえみ

分娩台に上がって、いきみたくなるまで待った方がいいのか…とずっと座っていたら、担当医の先生がやって来て、

f:id:akasuguedi:20180425085037p:plain

「楽しとったんやから…楽しとったんやからだと…!!!

確かに…確かにあまり痛くなかったが…

それを楽しとっただと―――!!!(ぶちっ!!)

f:id:akasuguedi:20180423094559p:plain

奥の方で何かがぶちって切れたような痛み…!

これが、産後3ヶ月経ってもズキズキ痛み、3人産んだ中で一番痛い分娩になったのです。

分娩…分娩のときは、ご自身が決めたペースで。

怒りのパワーで産むと…切れます…あちこち…

無痛分娩は、主に硬膜外麻酔点滴麻酔の2つの方法があるのですが、私が行ったのは硬膜外麻酔の方です。痛いかも…と恐れていた「薬を注入するために背中に細い管を入れる」処置は、先に打たれた麻酔が効いていたのか余り痛くありませんでした。ぐっと強く押される感じです。

f:id:akasuguedi:20180423094623p:plain

無痛分娩は、麻酔が合う・合わないがあるのでリスクも含めて慎重に検討して頂きたいのですが、私にはよく効きました。

4人目を産むとしたら無痛分娩を選びたいです。 関連記事:看護師に押さえつけられ、隣室からはうめき声…。恐怖感MAXのなか打たれた無痛分娩前の麻酔 by ユーラシア

f:id:akasuguedi:20180423095647p:plain

著者:とけいまわり

年齢:40代

子どもの年齢:9歳、7歳、5歳

小4長女、小2次女、5歳末っ子の三姉妹の母。40代教育職WM。趣味は囲碁と漫画

生き物、宇宙等、科学の話題が好き。人混みが苦手で一人が落ち着く 。プロフィールイラストは、にゃぐははさん作@hahanyagu

Twitter:@ajitukenorikiti

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

選んだ私が考える「無痛分娩」のメリットとデメリット
突然の無痛分娩
陣痛に耐えられず急遽無痛分娩に

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。