体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

植田圭輔がメジャーデビュー! シングル発売記念イベントも開催

舞台や2.5Dミュージカル等で活躍する俳優たちのオリジナリティを、音楽のパフォーマンスやクリエイティビティによって魅せていく音楽プロジェクト『Bogland Music』がスタート! その第1弾アーティストとして、舞台『おそ松さん on STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME2~』や『火花 -Ghost of the Novelist-』等で活躍中の植田圭輔が決定しており、メジャーデビュー作となるシングル「START LINE ~時の轍~」は、5月30日にリリースが決定している。
植田圭輔 (okmusic UP's)

今作は、ポジティブでアグレッシブなロックナンバーで、同タイトル曲を含むオリジナル2曲の作詞を植田本人が担当。また本作は白と黒のイメージで演出されたアートワークが楽しめる全3タイプでリリースされる。ジャケットの表紙はもちろん、中身もタイプ別にセレクトされ、“White Ver.”と“Black Ver.”には特製のフォトカードが7枚封入される。さらに特典DVDには、初挑戦のミュージックビデオや本人インタビューを交えたメイキングムービーを収録。舞台とはまた違った植田圭輔の魅力を発見する事が出来るだろう。

そして今回のメジャーデビューを記念した、自身初のリリースイベントの開催も決定! レコーディングやジャケット撮影にまつわるエピソードを交えたトークショーやミニライブに加え、ハイタッチ会なども予定している。さらに来場者全員に素敵な限定グッズのプレゼントも用意されるとのことなのでお楽しみに。さらに、今作のCDショップ限定のオリジナル特典にはファン垂涎のアイテムも用意され、こちらも見逃せない内容だ。

また、『Bogland Music』第2弾アーティストには、『ミュージカル刀剣乱舞』等で大人気の“鳥越裕貴”が登場する予定だが、詳細は近日発表とのこと。
【シングル「START LINE ~時の轍~」リリース記念イベント】

■リリース記念イベント1

6月3日(日) 13:00~タワーレコード渋谷店 B1F 「CUTUP STUDIO」

内容:トーク&ミニライブ(予定)

<参加方法>

タワーレコード渋谷店にて「START LINE ~時の轍~」予約・購入者に“整理番号付イベント参加券”(1会計1枚まで)を配布。受付開始は5月18日(金)開店時より。なお、同参加券は会場の定員数に達し次第、配布終了。

■リリース記念イベント2

6月10日(日) 東京・文京シビックホール 小ホール

1.開場 11:00 / 開演 11:30 2.開場 13:15 / 開演 13:45 3.開場 16:00 / 開演 16:30

内容:トーク&ミニライブ&ハイタッチ会  

◎イベント参加者全員に限定特典あり(特典の内容は各回ごとに異なります)

※参加方法などの詳細は、商品詳細ページにてチェック!

■「START LINE ~時の轍~」商品特設ページ

https://www.yamahamusic.co.jp/actor/uedakeisuke/
シングル「START LINE ~時の轍~」
2018年5月30日発売

【White Ver. 】

YCCW-30073/B/¥2,778+税

<収録曲>

■CD

1. START LINE 〜時の轍〜

2. 君に告げるよ、サヨナラ

3. フリートーク(TYPE-1)

4. START LINE 〜時の轍〜(カラオケ)

5. 君に告げるよ、サヨナラ(カラオケ)

全4曲(5トラック収録)

■DVD

植田圭輔「START LINE ~時の轍~」SPECIAL DVD

1. 「START LINE 〜時の轍〜」 MUSIC VIDEO

2. メイキングムービー

【Black Ver.】

YCCW-30074/B/¥2,778+税

<収録曲>

■CD

1. START LINE 〜時の轍〜

2. 君に告げるよ、サヨナラ

3. フリートーク(TYPE-2)

4. START LINE 〜時の轍〜(カラオケ)

5. 君に告げるよ、サヨナラ(カラオケ)

全4曲(5トラック収録)

■DVD

植田圭輔「START LINE ~時の轍~」SPECIAL DVD

1. 「START LINE 〜時の轍〜」 MUSIC VIDEO

2. メイキングムービー

【Beginner Ver.】

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。