体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

百花繚乱のポップス・ロック&オーケストラ音楽祭【ビルボードクラシックフェス】が大宮で初開催 明日4月28日よりPG先行

百花繚乱のポップス・ロック&オーケストラ音楽祭【ビルボードクラシックフェス】が大宮で初開催 明日4月28日よりPG先行

 6月24日、埼玉・大宮で初開催されるポップス・ロック&オーケストラ音楽祭【billboard classics festival 2018 in 大宮】。これまで全国主要都市で開催され好評を博してきた同フェスのプレイガイド先行発売が、いよいよ明日4月28日よりスタートする。

 【billboard classics festival】は、ポップス&ロックとクラシック音楽が融合する“billboard classics”シリーズの集大成。今回は大宮ソニックシティの大舞台に、百花繚乱のアーティストたちが集結する音楽祭の幕が上がる。注目の舞台には、地元埼玉出身のNOKKO、小柳ゆきをはじめ、小野リサ、辛島美登里、手嶌葵、さらに世界的ギター奏者、村治佳織が登場。現代のポップス&クラシック音楽シーンを代表する“音色のヴィーナス”たちの競演が実現する。また、浦和児童合唱団も加わり、瑞々しい歓喜のハーモニーも演奏される。

 また、今回の先行発売に合わせて、各アーティストの演奏作品の一部も発表された。NOKKO「フレンズ」、小野リサ「イパネマの娘」、小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」、辛島美登里「サイレント・イヴ」、手嶌葵「テルーの唄」(映画『ゲド戦記』挿入歌)、村治佳織「戦場のメリークリスマス」等、珠玉の名作20作品余りが当日は披露される。

 総勢100名余の豪華舞台では、欧州で活躍する指揮者・?澤寿男のもと、名門、東京交響楽団がダイナミックかつ華麗なプレミアムサウンドを創出。初夏の輝きの中で、時代を超え、未来に輝く名曲たちの響きがフルオーケストラの旋律とともに降り注ぐ。

◎公演概要
【billboard classics festival 2018 in 大宮】
2018年6月24日(日)
大宮ソニックシティ大ホール(大宮駅直結徒歩3分、新宿駅27分)
開演15:00

指揮:?澤寿男
出演:NOKKO、小柳ゆき、小野リサ、辛島美登里、手嶌葵、村治佳織
管弦楽:東京交響楽団
合唱:浦和児童合唱団

〈演奏曲〉
NOKKO「フレンズ」、小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」、小野リサ「イパネマの娘」、辛島美登里「サイレント・イヴ」、手嶌葵「テルーの唄」(映画『ゲド戦記』挿入歌)、村治佳織「戦場のメリークリスマス」ほか 20作品余予定

チケット価格:6,800円(税込・全席指定)
※特製プログラム付
※未就学児入場不可

主催・企画制作:ビルボードジャパン、公益財団法人埼玉県産業文化センター
後援:米国ビルボード、NACK5

〈プレイガイド先行 ※抽選先行〉
受付期間:2018年4月28日(土)~5月6日(日)
チケットぴあ 0570-02-9999 https://t.pia.jp/
ローソンチケット 0570-084-003 http://l-tike.com/
イープラス http://eplus.jp/
楽天チケット http://r-t.jp
キョードー東京 0570-550-799 http://kyodotokyo.com

一般発売開始:2018年5月19日(土)

お問合せ:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

URL:http://billboard-cc.com/classics/bbcf2018-ohmiya/

関連記事リンク(外部サイト)

郷ひろみ、【Dynasty Tokyo Surfer’s Night】にサプライズ出演
NOKKO、待望のオーケストラ競演の東京公演が実現 TV特番も放送決定
NOKKO、初のフルオーケストラ公演の演奏予定曲が発表 「フレンズ」「人魚」などNOKKO&REBECCA代表曲から最新作まで

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。