体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伝説の音楽ドキュメンタリー続編、“さよなら”世界ツアーを収めた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月に公開

伝説の音楽ドキュメンタリー続編、“さよなら”世界ツアーを収めた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月に公開

 キューバのビッグバンド“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”の「アディオス(さよなら)」世界ツアーを収めたヴィム・ヴェンダース製作総指揮の音楽ドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月20日に公開されることが決定し、併せてポスタービジュアルが解禁された。

 “ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”とは、アメリカのギタリストであるライ・クーダーがキューバを旅した際、当時92歳のギタリストを筆頭に、かつて第一線で活躍していたキューバのベテラン歌手や音楽家たちを集めたビッグバンドだ。1997年に発売された同名アルバムは、ワールド・ミュージックのジャンルとしては異例となる900万枚を売り上げ、グラミー賞を受賞。また、ヴィム・ヴェンダース監督の同名ドキュメンタリー映画は1999年に全米公開、日本でも2000年に公開し大ヒットを記録すると、アカデミー賞(R)長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。日本でもミニシアターの枠を超える大ヒットを成し遂げ、その熱狂は、音楽・映画にとどまらず、サルサダンスのブームをはじめとする社会現象へと広がることとなり、世界の音楽シーンに驚きと至福のセンセーションを巻き起こした。

 あれから18年。本作では、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーによる“アディオス”世界ツアーが収められている。この度完成した日本版ポスターには、キューバらしいカラフルな車と、バンドでギター・ボーカルを務めるエリアデス・オチョアの後ろ姿が描かれ、「18年の愛をこめて。」という印象的なキャッチコピーは、前作からのメンバーたちの人生と、これで最後と決めた“さよなら”の思いを想起させるメッセージとなっている。なお、『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』は7月20日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開。

◎公開情報
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』
製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース 他
監督:ルーシー・ウォーカー
原題:Buena Vista Social Club: Adios/2017年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/110分/
字幕翻訳:石田泰子
後援:駐日キューバ共和国大使館 インスティトゥト・セルバンテス東京 日本人キューバ移住120周年
配給:ギャガ
(C)2017 Broad Green Pictures LLC

関連記事リンク(外部サイト)

Album Review: ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 突如発掘された奇跡の未発表音源集!人間味溢れる歌や演奏に心躍る
ブエナビスタ・ソシアル・クラブ来日公演、世代を越えたステージと客席の笑顔
カニエ・ウェストとキム・カーダシアン一家がキューバを訪問

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。