体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インスタで人気!ミニマリストmamiさんに聞く断捨離のコツと快適な暮らしの持ち物とは

5.2畳で実現したシンプルライフを拝見

「ミニマリスト」「持たない暮らし」「断捨離」――。
余計な物を減らし、心地良く暮らすためのキーワード。しかし、実際に生活に取り入れ、実践していくのは容易なことではない。

今回ご登場いただいたのは、1万7000人以上のフォロワーを集めるミニマリストのインスタグラマー・mamiさん。インスタグラムでは「ミニマリスト」「断捨離」「持たない暮らし」「5.2畳」というハッシュタグを付け、そのシンプルな暮らしぶりが共感を集めている。

さっそく、心地良いミニマルライフを送るためのヒントを聞いてみよう。
5.2畳のワンルームはスッキリしたレイアウト。カーテン代わりにしつらえた布がゆるやかで明るい空気感を醸し出す|インスタで人気!ミニマリストmamiさんに聞く断捨離のコツと快適な暮らしの持ち物とは

5.2畳のワンルームはスッキリしたレイアウト。カーテン代わりにしつらえた布がゆるやかで明るい空気感を醸し出すプロフィール

名前:mamiさん
職業:販売員
instagram:@minimamist_58
居住形態:一人ルームデータ

所在地:東京都
間取り:1K(15.58㎡)
家賃:5.9万円
築年数:約5ヵ月
建物:軽量鉄骨造狭い部屋は好きだけど、「狭く見える部屋」はイヤ

「愛知県からこの春に上京したばかり。都内だと家賃も高くなるので、駅近を条件に探したら、この5.2畳の部屋がヒットしました。確かに狭いんですけど、昨年12月に建ったばかりの新築です。きれいで明るいスペースなので即決でした!」(mamiさん)

現在の部屋に住み始めてまだ数ヵ月というmamiさん。愛知で一人暮らししていた部屋は2倍以上の広さだったが、既に「持たない暮らし」のスタイルを確立。空間が半分になっても物の処分に悩むことはなかったそう。

「学生時代は部屋が片付かないのが悩みだったんですが、『anan』の断捨離特集を読んで、衝撃を受けたんです。あ、こんなにすっきり、シンプルに暮らせるんだ!って――。それから実家の自分の部屋から断捨離を始めたんです」(mamiさん)

物量があったら、どんなテクを駆使しても、どんな便利グッズを取り入れても片付かない。至ってシンプルな原理に気付いたら、あとは断捨離あるのみ。物に囲まれ、物があふれている部屋はすぐに見違えたという。

「5.2畳というスペースでも、家具を低くしたり、家具の色味を絞ったり。ちょっとした工夫で圧迫感をなくし、スッキリ見せることができます。狭い部屋と『狭く見える部屋』は別なんですよね」(mamiさん)
引っ越しで増えたのは電子レンジ・ケトル・炊飯器の3点セットだけ。キッチンが狭くなった分、家電をプラスして利便性をキープ。無印良品のシンプルなプロダクトをそろえた|インスタで人気!ミニマリストmamiさんに聞く断捨離のコツと快適な暮らしの持ち物とは

引っ越しで増えたのは電子レンジ・ケトル・炊飯器の3点セットだけ。キッチンが狭くなった分、家電をプラスして利便性をキープ。無印良品のシンプルなプロダクトをそろえた「前の部屋はキッチンが広かったので鍋でご飯を炊いたりしていましたが、ここはワンルーム仕様のキッチンなので、炊飯器や電子レンジを活用しています。生活や環境が変われば、必要な物も変わるんです」とmamiさん|インスタで人気!ミニマリストmamiさんに聞く断捨離のコツと快適な暮らしの持ち物とは

「前の部屋はキッチンが広かったので鍋でご飯を炊いたりしていましたが、ここはワンルーム仕様のキッチンなので、炊飯器や電子レンジを活用しています。生活や環境が変われば、必要な物も変わるんです」とmamiさん大型家電、家具を断舎離する際のコツ

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。