体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

福岡県宗像市といえば、海鮮というイメージがありました。
実際に行ってみても、海鮮がすごくおいしい土地であるのは間違いない事実。だけど、それゆえに、毎食が海鮮になりがちで、そして、気軽に食べられるので、お昼に食べがちだということに気がつきました。

もちろん、昼も夜も海鮮尽くしというのも幸せな話です。
でも「夜ご飯はちょっと違ったものも食べてみたい」という人がいたら、自信をもってオススメしたいのが「ムナカタ キュイジーヌ イシダ」です。

住宅街の中の隠れ家に

「ムナカタ キュイジーヌ イシダ」はシェフ一人ホール一人、ご夫婦で営むお店です。住宅街の中にあり、看板は特に出ていません。

「迷われませんでしたか?ひっそりやっているもので(笑)」

まず第一声に、奥さんがこうおっしゃるくらいには、結構な隠れ家度合いでした。google mapのナビにしたがって進んで行くと、黒い板塀の建物の横に到着しますが、そこが目的地で合っています。海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

店内は、とにかく可愛いです。
壁に飾ってある動物のオブジェとか、要所要所のディスプレイとか、なんかもうそれだけで期待感が高まります(早い……笑)。

宗像の食材を、
フレンチの技法で。

「その時期、その日においしいものを」ということでメニューは日替わり。取材当日(2月下旬)いただいたのはこちら、4500円のコース料理です。

【ドリンク】海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

「フランスロワール地方のスパークリング」

【アミューズ】海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

「ジビエのテリーヌ、キンカンのコンポートとリンゴを添えて」
宗像でとれたイノシシとカモを使っているんだそうです。

【オードブル1】海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

「カワハギのタルタル」
添えられているのは、カワハギの肝、つくしのマリネ、えび、紅大根に有機栽培の食用花、カラスミ。

【オードブル2】海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

「コウイカと温泉卵の料理」
コウイカのボイルに、パルメザンチーズとエダムチーズ、カリフラワーのピューレ。

【パン】海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

お店で焼いている「全粒粉のパン」は好評なんだそうです。

【スープ】海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」

「カブのスープ」
上のほうはスチームミルクになっています。

【ドリンク】海鮮のまちで味わった、ちょっと意外な「ムナカタ料理」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。